NEW

駆け落ちした母親・電波子17号を探す家族の悲痛な叫び…を、善意の第三者として拡散する危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

駆け落ちした母親・電波子17号を探す家族の悲痛な叫び…を、善意の第三者として拡散する危険の画像1
Thinstock/Photo by oatawa

 突如ネットを騒がせた“電波子17号駆け落ち”騒動が、ネットを越えテレビでも報道され始めた。事の発端は2月末。Twitterである若い女性アカウントが、40代の母親が21歳の男子大学生と失踪、150万円を持ち逃げしており探してほしいと呼びかけた。「なるべく拡散してもらえらると助かります。見つけた方、情報ある人教えてもらえると助かります。警察には通報してあるので、見つけ次第警察の人に話してもらえると助かります。拡散よろしくお願いします」とのことで、その母親はかつて大手芸能事務所スターダストプロモーションに所属して『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出ていた元アイドル、電波子17号だとも。

 その時点ではまだ騒ぎは小さかったが、3月11日に今度は息子を名乗る大学生のアカウントから「母が置いていったスマホを確認して発覚しました」と再びTwitter投稿。今度は勢いよく拡散し始めた。書き込みによれば、彼の母親は「若い大学生を駆け落ち」し、しかも「兄弟の奨学金など計200万円ほどを持ち出した」という。駆け落ちからは2週間が経過しており、前述の女性アカウント(この“息子”の妹だという)からも「実際は200万くらいあります、4人分の奨学金のお金、授業料、生活費、全てです。とても困っています」「いなくなってから17日が経つ、あと何回泣けばママは帰ってくるの?もっと写真も撮りたかった、もっといっぱい話したいことあった、こんなことになるならもっと1つ1つの時間を大切にしていた。後悔ばかり。寂しいよ」と、悲痛な叫びが書き込まれた。

駆け落ちした母親・電波子17号を探す家族の悲痛な叫び…を、善意の第三者として拡散する危険のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事