NEW

長澤まさみ、事務所退所報道の真相

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長澤まさみ

 3月9日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)は、女優・長澤まさみを長年担当していたマネージャーの男性A氏が、所属事務所の東宝芸能を退社すると報じた。『長澤まさみがテレビに出られなくなるかも』というショッキングなタイトルで、長澤がA氏のあとを追って東宝芸能を退所する可能性を報じている。 

 長澤といえば、4月から始まるフジテレビの“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』に主演する予定で、名実ともに東宝芸能のトップ女優。そんな長澤だけに、このタイミングで退所となれば、芸能界を揺るがすビッグニュースとなるだろう。

「現在、長澤は月9の撮影中で、数年先まで仕事が決まっているようです。今のタイミングで東宝芸能から退所する可能性は、ほぼないといっていいでしょう」(スポーツ紙記者)
 
 また、「フライデー」によれば、A氏と長澤は強い信頼関係を築いているとされるが、別の芸能事務所関係者は語る。

「Aさんは、いわゆる“オラオラ系”で、事務所内でもAさんの高圧的なやり方に泣かされていた社員はたくさんいました。なので、東宝芸能の関係者の大半は、Aさんの退社を内心喜んでいるようです」

 またA氏といえば、マスコミ関係者の間でも有名人で、過去にはこんな出来事を起こしている。

「当時の東京スポーツが報じましたが、今から10年以上前、長澤主演のドラマの打ち上げに潜入していた週刊誌のカメラマンを発見したAさんは激高。そのカメラマンを“羽交い締め”にするという行為に及んだことがありました。その様子を東スポが報じて、事務所側、週刊誌側ともに大問題になりました。確かに、タレントの事務所関係者が潜入取材を試みたカメラマンを排除しようとするのは理解できますが、さすがに“羽交い締め”というのはちょっとマズいよねということで、業界内でも話題になりました」(当時の事情を知る人物)

 ちなみに、長澤がA氏のあとを追って独立する可能性について、東宝芸能の内情を知る関係者は「それは、あり得ないでしょう」と語る。
(文=編集部)

長澤まさみ、事務所退所報道の真相のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、コンフィデンスマンJPフジテレビ長澤まさみの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事