NEW

大渕愛子氏とアディーレ、超厳しい懲戒処分を受けた理由…弁護士会の見えざる手?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アディーレ法律事務所・丸の内支店が入居する新丸の内ビルディング(「Wikipedia」より/Kakidai)

 3月27日付当サイト記事『質劣化する弁護士たち…勝手に和解成立、裁判を放置、預け金を着服、守秘義務破り』では、弁護士業界における懲戒処分の実態について紹介したが、今回も引き続き、ある法律事務所に所属する弁護士に話を聞いた。

 懲戒といえば、最近では大渕愛子弁護士アディーレ法律事務所の事例が記憶に新しいところだ。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)への出演で知られる大渕愛子弁護士は一昨年、東京弁護士会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けた。これは何が問題だったのか。

「依頼者がお金がない時に、日本司法支援センター(法テラス)が弁護士費用を立て替えてくれる『民事法律扶助』という制度があります。クライアントがこの制度を利用して弁護士費用を立て替えてもらった場合、弁護士は法テラスからもらうお金以外はクライアントからもらっちゃいけない、という仕組みです。大渕先生はそれを知らなくて、法テラスからお金を受け取って、それ以外にもクライアントから弁護士費用を取ってしまったため、それで業務停止を食らったんです。

 我々の業界では、業務停止はないだろうという見方がほとんどでした。よくよく聞いてみたら、懲戒請求されている手続き中に、弁護士会から大渕先生に、クライアントから受け取った弁護士費用は返しなさいという連絡があったんです。でも大渕先生は、返さなかった。それは、綱紀委員会、懲戒委員会の先生からの助け船だったわけですけど、それをピシャッと断っちゃった。これが、懲戒委員会の逆鱗に触れちゃって業務停止食らったという話なんですね。ちゃんと返していれば、業務停止にはならなかったでしょうね。

 戒告はあったかもしれませんけどね。業務停止って本当に辛いんですよ。戒告と業務停止の間には雲泥の差があります。業務停止の間は、本当に何もできません。裁判もできません。法律相談もできません。月々顧問料をくれている法律顧問をやっている企業があったら、それも全部、解除しなくちゃいけないんです。そうするとキャッシュインがゼロになるんですよ」

 昨年10月、アディーレ法律事務所に対して、東京弁護士会は業務停止2カ月の処分を下した。これは何が問題だったのか。

大渕愛子氏とアディーレ、超厳しい懲戒処分を受けた理由…弁護士会の見えざる手?のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、アディーレ法律事務所大渕愛子東京弁護士会の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事