NEW

くりぃむ上田晋也、連ドラ主演狙い必死の「接待」攻勢? またバカボン実写版放送?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本テレビタワー(「Wikipedia」より/FlickreviewR 2)

 特別ドラマ企画『天才バカボン』(日本テレビ系)の第3弾放送を近々発表する方向で、日テレが調整を進めているという。

 同ドラマは、漫画家・赤塚不二夫の同名作品を実写化したもので、2016年に第1弾の『天才バカボン〜家族の絆』が、17年に第2弾の『天才バカボン2』が放送されてきた。

「第3弾は5月4日の『金曜ロードSHOW!』枠での放送になるのではないかと、みられています。バカボンのパパ役は上田晋也(くりぃむしちゅー)が務め、これまで同様に主要キャストにはオカリナ(バカボン)、松下奈緒(バカボンのママ)、高嶋政伸(おまわりさん)が顔をそろえるようです。

 さらにゲストとして、西田敏行、堀内健(ネプチューン)、みやぞん(ANZEN漫才)、カミナリの2人、さらには日テレの水ト麻美アナも出演する予定とのこと。ちなみに、有田哲平(くりぃむしちゅー)はウナギイヌ役でどこかに登場するとの情報もあります」(テレビ局関係者)

 今作もまた、これまで同様に3話のオムニバス形式になる予定だという。

「バカボンのパパの若い頃を描くストーリーもあり、西田敏行はバカ田大学時代の恩師役として登場するという話もあります。監督は日テレの小川通二さんが務めるとみられ、小川さんは『恋のから騒ぎ』や『踊る!さんま御殿!!』などの総合演出を務めてきた人で、日テレでは“明石家さんまの右腕”とも呼ばれているやり手です。

 実は、今回の第3弾が当たれば、来年1月期に連ドラとして放送したいという話もあるようで、日テレとしてはかなり力を入れているみたいなんです。視聴率三冠王を取り続ける日テレのなかで、唯一の弱みがドラマです。ここで一発当てたいと、相当意気込んでいるようです」(同)

 さらに、今作に並々ならぬ意気込みで挑んでいる人物が、もう一人いるという。主演を務める上田晋也だ。

「上田は、これまでメインでやってきたMC業だけでは、じきに飽きられてしまうと不安を感じ、今後は俳優業にも力を入れていきたいと考えているようです。ただ、その熱意も中途半端なものではなく、役づくりはかなり丁寧にしているようですし、いずれは北野武監督のように映画を撮りたいと、演技についてはかなり勉強もしています。撮影現場には自らキッチンカーでケータリングを用意するなど、スタッフへの“接待”も素晴らしいと評判です」(別のテレビ局関係者)

『天才バカボン』は、晴れて連ドラ枠獲得なるか。第3弾の放送に注目が集まる。
(文=編集部)

くりぃむ上田晋也、連ドラ主演狙い必死の「接待」攻勢? またバカボン実写版放送?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、上田晋也天才バカボン日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事