NEW

ドンキ、「100円均一」市場に殴り込み…インスタ映えするデザインで割安感ある商品群

文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント

女性人気が高いセリアとキャンドゥ

 100円ショップ「セリア」を現在全国に約1500店を展開しているセリアも好調だ。17年3月期の売上高は、前年比11.0%増の1453億円。売上高と利益はともに過去最高を更新している。

 100円ショップというと、「薄利多売」のイメージがあるかもしれないが、セリアはそうではない。17年3月期の売上高営業利益率は10.4%で、日用品小売企業のなかでは圧倒的な高さを誇る。

 セリアは、100円ショップとは思えないほどカラフルでおしゃれな雑貨を多くそろえ、特に女性に支持されている。若い女性を中心に、定期的に店舗を回って買った商品をSNSなどで情報発信する「セリパト」(セリア・パトロールの略)という現象を生み出したほどだ。

 こうしたことから、ドンキが今回投入した99円均一の商品は、デザインとターゲットの面において、ダイソーよりはセリアに近いといえるだろう。

 100円ショップ「キャンドゥ」を全国に約1000店を展開するキャンドゥも堅調だ。17年11月期の売上高は前年比1.2%増の688億円と、5期連続で増収を果たしている。

 キャンドゥは老若男女、幅広い層をターゲットとしてきたが、近年はデザイン性のあるおしゃれな商品を増やすなどして、若い女性の取り込みに力を入れている。15年7月には女性に人気のSNS「インスタグラム」の公式アカウントの運用を開始した。こういった施策が功を奏し、16年11月期において20代女性の売上高が前年から7.3%増加し、30代女性は6.6%増えたという。女性の取り込みが進んでいる状況だ。

 100円ショップ業界の大手企業について考察してきたが、100円ショップ市場は巨大で、しかも成長性が高いことがわかる。また、男性よりは女性との親和性が高い市場だ。そうしたことからドンキは100円ショップ市場へ参入するにあたり、まずは女性向けの商品だけで始めたと考えられる。

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合