NEW

「中型免許」創設でトラックドライバー不足深刻化→「準中型免許」創設も完全不発

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 準中型免許が創設されてから1年。普通免許は18歳から取得が可能だが、中型免許は20歳にならないと取得できない制度になっていた。

 近年、アマゾンをはじめとするネット通販の拡大で、物流需要は増加の一途をたどっている。一方、物流業界は、トラックドライバーをはじめとする人手不足に悩まされている。ドライバーの高齢化は激しく、長時間拘束される長距離ドライバーは特に不人気だ。物流事業者は新卒の若者を率先して採用しようと試みているが、思うように人が集まらない。それは、トラックドライバーが低賃金・長時間拘束という重労働であることに理由がある。

 そうした労働環境を改善するべく、各社は人手を増やす方針を強化。人手が増えれば作業を分担することができる。ひとりが受け持つ荷物の総量を削減することで、労働時間の軽減につながる。準中型免許の創設も、業界が長らく要望してきて実現した労働環境改善策でもあった。トラック業界の関係者は、こう話す。

「準中型免許の創設は、高卒の若者を物流業界に引き寄せるために創設されたと言っても過言ではありません。2007年に中型免許が創設されたのですが、中型免許の創設で、いわゆる4トントラックと呼ばれるタイプのトラックが、普通免許では運転できなくなってしまったのです」

 中型免許は、20歳にならないと取得できない。高校を卒業後にほかの業界に入ったら、その後に転職してトラックドライバーになる若者を探すのは困難だ。高校卒業時に中型免許が取得できない状況は、トラック業界において悩ましい問題になっていた。それにもかかわらず、中型免許が創設された背景とは何か。

「自動車教習所で普通免許を取得する際は、ほとんどがセダンタイプの乗用車です。トラックを運転することはありません。4トントラックは乗用車とは運転感覚がまるで違います。普通免許だけを教習し、4トントラックの運転経験がないと事故が多発してしまう恐れがあったのです。そうしたことから、国土交通省や警察庁が安全を考慮して中型免許を創設したのです」(前出・トラック業界関係者)

 中型免許が創設されたことによって、トラックドライバーの安全意識は高まったものの、物流業界は人材不足という危機に陥った。人手不足に危機を感じた業界団体は、18歳でも取得可能な準中型免許制度の創設を要望。17年3月に晴れて準中型免許制度がスタートした。準中型免許は、いわゆる4トントラックを運転することはできないが、コンビニ店舗への配送車は運転が可能だ。

 若者に準中型免許を取得させ、コンビニ配送車でトラック運転の経験を積ませる。これまでコンビニ配送を担当していた中堅ドライバーを4トントラックの需要に振り分ける……。業界は、そんな青写真を描いていた。

「中型免許」創設でトラックドライバー不足深刻化→「準中型免許」創設も完全不発のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アマゾントラックドライバー物流業界の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事