NEW

北朝鮮「段階的非核化」公表の中国、米朝首脳会談を主導か…米国、独自情報取れず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮・金正恩氏が訪中 習主席と会談(KNS/KCNA/AFP/アフロ)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が敢行した中国への電撃訪問。世界のメディア報道では、おおむね評価が高い。当面は成功とされた金氏の訪中だが、4月27日の南北首脳会談、さらに5月末までに開催予定の米朝首脳会談を成功に導くことができるのかどうか。大きな気がかりは、トランプ米大統領の発言が3月29日以降、やや怪しげなトーンに変化したことだ。

 たとえば筆者が取材したモスクワでのレーガン米大統領とゴルバチョフ・ソ連書記長の軍縮交渉(1988年)などでは、「悪魔は詳細に宿る」などと危惧されたことを思い出す。大枠の目標では容易に一致できても、詳細を詰める段階で交渉が暗礁に乗り上げることはしばしばあるのだ。

 朝鮮半島の「非核化」が最大のテーマとなる一連の首脳会談でも、まず大まかな議論が中心になると予想されていた。しかし、この段階で議論の紛糾を招く恐れがある「段階的な非核化」という条件を、なぜ北朝鮮が求めたのだろうか。

情報収集で後れを取った米国

 
 金正恩訪中の情報は、米国が抱える巨大な情報コミュニティなら、いち早く探知できたはずだ。金委員長ら一行を乗せたお召し列車は3月25日平壌を出発し、26日未明にかけて中国国境を越えた。偵察衛星でその動きを追い、中国側鉄道沿線住民らによるSNS上の書き込みをフォローしていれば、ほぼ確実に金委員長訪中の事実をつかめただろう。

 2011年12月の金正日総書記死去の際は、平壌駅を出発した列車がすぐに引き返すという異常な動きを米国の偵察衛星が探知したことから判明した。しかし、今回の中朝首脳会談後の米国の情報収集はどうだっただろうか。3月27日の段階では、習近平中国国家主席からトランプ大統領にあてた、金委員長訪中に関するメッセージが届き、中国当局からホワイトハウスへの説明も行われた。

 この段階でトランプ大統領はツイッターで、「(金委員長は)自国民および人類にとって正しいことをするいいチャンス」と書き込んでいた。サラ・サンダース大統領報道官も「意義ある前進と感じる」などと前向きな動きととらえていた。

 しかし、3月28日に新華社電などで中朝首脳会談の内容が伝えられたあと、トランプ大統領は同29日のオハイオ州での演説で、米韓自由貿易協定(FTA)の見直しに関する大筋合意についておかしな発言をして注目された。FTA見直し合意は「北朝鮮と合意できるまで保留するかもしれない。それは非常に強力なカードだからだ」と述べ、米韓FTAと米朝核合意を絡ませて取引する構えを示したと受け取れる発言をしたというのだ。

北朝鮮「段階的非核化」公表の中国、米朝首脳会談を主導か…米国、独自情報取れずのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、トランプ大統領習近平金正恩の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事