NEW
西澤真生「仕事がデキる人の栄養マネジメント」

花粉症の原因は腸内環境だった?体質改善の3つの方法

文=西澤真生/ひめのともみクリニック 医師

 免疫に関しては、異物を感知する細胞に直接働きかけたり「Th1」と「Th2」のバランスを変えたりすることが知られています。どれかひとつの菌が働くというよりも、多種多様な菌のバランスが大切と考えられています。

糖質が大好きな悪玉菌を増やさない方法

花粉症に有効」という実験データがある菌や善玉菌を摂取することは有用ですが、良い菌が生着して全体の腸内細菌バランスが最適にならないと意味がありません。そのためには、悪玉菌の勢力を抑えることも重要です。

 悪玉菌は糖質が大好き。食物繊維を摂らずに糖分や加工食品ばかり摂っていると、悪玉菌がどんどん増殖して腸内細菌バランスを崩してしまいます。酵母の一種のカンジダ・アルビカンスは、菌糸を伸ばして腸のバリア機構まで破壊することがあります。善玉菌を増やして最適な腸内細菌バランスを回復するため、漬物など昔ながらの発酵食品や食物繊維の重要性が見直されています。

ヨーグルトの摂取には注意が必要な人も

 乳酸菌を摂るためにヨーグルトを食べている方は多いと思います。しかし、ヨーグルトを毎日摂取することには注意が必要な人もいます。

 たとえば、乳製品にIgG型の食物アレルギーを持っている方。IgG型の食物アレルギーは症状が出るまでに1日から数日かかり、筋肉痛や腹部膨満感、疲労感などの漠然とした症状が多いため、アレルギーに気づきにくいのです。

 また、消化能力の低い方も要注意です。乳製品に含まれるカゼインや小麦のグルテンが完全に消化されずに腸内にとどまると、小腸の粘膜で炎症を起こすことがあります。「ヨーグルトの摂取を2週間ぐらいやめたら体調が回復した」という方は、IgG型の食物アレルギーを強く疑いましょう。また、特殊な検査をすればIgG型の食物アレルギーの有無を調べることができます。

ストレスで腸内細菌のバランスが変わる?

 残りの2つの課題を、駆け足で説明していきましょう。

【バリア機構】

 皮膚や粘膜は、外界のものを侵入させないようなバリア機構を持っています。皮膚や粘膜では細胞がどんどん入れ替わっているため、栄養分が不足するとすぐにバリア機構が脆弱になります。

 腸の粘膜細胞のエネルギー源になるグルタミン(アミノ酸の一種)、粘液層などの形成、腸内に分泌されるIgA抗体の産生などに重要なビタミンA、抗菌ペプチドの産生や細胞の隙間を埋めるたんぱく質の合成、免疫反応の制御にかかわるビタミンDなどが特に重要です。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合