NEW

甲子園、毎回大差で敗北の「21世紀枠」は廃止すべきなのか…私立と公立の歴然たる格差

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
選抜高校野球大会で優勝した大阪桐蔭高校(写真:BFP/アフロ)
 大阪桐蔭高校の連覇で幕を閉じた、選抜高校野球大会。優勝候補の筆頭校が圧倒的な強さをみせた今大会だったが、一方で、今年も「21世紀枠」での出場校は3校とも初戦で敗れた。


 2001年から導入された21世紀枠を振り返ると、過去18年で48校が選出され、勝利を挙げたのは12校。通算成績は19勝48敗となっている。過去には準決勝進出を果たしたこともあるが(01年の宜野座高校<沖縄>、09年の利府高校<宮城>)、ほとんどが初戦敗退で、その内容に「地方予選レベル」「戦うチームもかわいそうだ」などの声もあがっている。

 21世紀枠は、「秋季都道府県大会のベスト16以上(加盟129校以上はベスト32以上)」のうち、「部員不足」「狭いグラウンド環境」「豪雪地帯」などのハンデ克服や、ボランティアや地域貢献などの活動が重視されて選出される。いわば、「公立校救済」のような側面が大きい枠組みだ。

 近年、私立校と公立校の実力格差は広がる一方で、甲子園は春夏とも「私立野球学校大会」の様相を呈しているだけに、21世紀枠=公立校の出場は多くの公立校フリークを喜ばせている。

 しかし、21世紀枠の出場校が苦しい戦いを強いられているのも事実だ。

 今年も、膳所高校(滋賀)が日本航空高校石川に0対10、伊万里高校(佐賀)が大阪桐蔭に2対14と大差で敗れた。昨年も、多治見高校(岐阜)が報徳学園高校に0対21、不来方高校(岩手)が静岡高校に3対12で敗退。それ以前も、小山台高校(東京)が履正社高校に0対11、大島高校(鹿児島)が龍谷大学付属平安高校に2対16など、甲子園常連校を相手に大差で散るケースが少なくない。

 この状況に「見る側も苦しい」という意見がある一方で、「強豪私立に立ち向かう公立」は甲子園の醍醐味のひとつでもある。

選手層も資金面も格段に違う、私立校と公立校


 私立校と公立校の違いは、あらゆる面で明らかだ。

 まずは、選手層。甲子園常連ではない公立校の多くは、エースひとりに頼らざるを得ない。07年に奇跡の優勝を果たした佐賀北高校のようにエースと背番号10の2人で勝ち上がるケースもあるが、ほとんどはエースが打たれたら試合終了である。

 一方、私立校は2番手以降も充実しており、複数の投手で勝ち上がってくるのが当たり前だ。このあたりについては、「有力選手のスカウティングが可能な強豪私立と、普通の球児がほとんどの公立」という違いもある。

 次に、資金面だ。公立校では、遠征費を稼ぐために部員が年賀状配達などのアルバイトをするケースも多いが、私立校は潤沢な部費に加えて親からの援助も少なくない。強豪私立ともなればピッチングマシンは5台あるが、公立校は1台がやっと……ということもある。

 また、バットやグラブも常連校は野球用具メーカーから贈呈されるが(甲子園で使用されるとテレビに映り、広告効果が絶大となるため)、公立校は少ない部費ゆえ、格安の中古バットを大量に買うなどしている。

 そして、指導者だ。私立校は理事長が「辞めろ」と言わない限り永久に監督を続けることも可能だが、公立校には教員の異動がある。地方の公立校では「半永久的」なケースもあるが、都市部の公立校では有力監督であっても異動が避けられない。

甲子園、毎回大差で敗北の「21世紀枠」は廃止すべきなのか…私立と公立の歴然たる格差のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、21世紀枠公立甲子園私立高校野球の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事