NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

「いやらしく」て「かわいい」おじさんを批評する

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェイスブックで偶然見つけたイラストに一目惚れした。あるようでなかった雰囲気。昭和レトロでは表し尽くせない何かがある。しかも作者の吉岡里奈さんは女性。これは興味津々。さっそくインタビューを申し込んだ。

偶然描いたポスターで昭和路線に目覚めて


――いつから、どうしてこういう絵を描くようになったのですか。

吉岡里奈さん(以下、吉岡) 美大の学生時代は違うタイプの絵を描いていたのですが、卒業してから別の専門学校に通っていたとき、目黒雅叙園の昭和っぽいイベントのポスターを友人から頼まれて描いたんです。これがとても評判がよくて、自分でもなんだかしっくりきたんですね。以来、こういう絵をずっと描いています。

――絵のモチーフはどこから着想しますか? 僕は昔の大映映画をよく見るのですが、そうした映画のワンシーンのような構図があると思いましたが。

吉岡 あまり意識していませんが、確かに私は子ども時代からその時代の映画を見るのが好きで、ポスターも本を通じてたくさん見ていました。雅叙園のときは、1960年代あたりの日本映画のポスターなどの資料をたくさん見て、ポスターを描いたんです。あとは、昔公衆電話ボックスにたくさん貼られていたピンクチラシとか、エロ雑誌とかをモチーフにします。

どうしようもない人間の業を描きたい


――出身はどこですか?

吉岡 川崎の南武線の武蔵小杉の向こうです。子どもの頃、街の中にまだピンク映画館がありました。

――へえ、まだあったんだ。

吉岡 そこを母と通ると、母が足早になりました(笑い)。

――やはりそのへんに今の画風への影響があるのかな。

吉岡 自分ではまったく意識しませんが、深層心理的にはそうかもしれません。

――じゃあ、武蔵小杉とかのタワーマンションとかどう思います?

吉岡 ああ、だめです。タワーマンションは住んでる人の虚栄心みたいなところにちょっと興味がありますけど。

――逆にどういう場所が好きですか?

吉岡 あまり人がいない都会ですね。

――そりゃ難しいな。それに画風と違いすぎる(笑い)。じゃあ、絵を描くとき、どんなふうに描きたいと思っているんですか?

吉岡 ねちっこさというか、情念というか、どうしようもない人間の業みたいなものを表現したいですね。かつそれを暗くならずに、ポップに描きたい。

――落語みたいですね。

吉岡 そうそう。どうしようもない人間を明るく。



「いやらしく」て「かわいい」おじさんを批評するのページです。ビジネスジャーナルは、連載、Facebookアート吉岡里奈の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!