NEW

フジ月9、次クール主演に「格下」俳優? 惨敗必至で主演断る芸能プロ続出

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ

 今クールの連続テレビドラマで長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)が9日にスタートするが、“フジ月9”枠は前クール作『海月姫』の全話平均視聴率が6.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、全話平均としては月9史上最低視聴率を更新するなど低迷が続いている。これで月9は、2017年1月期の『突然ですが、明日結婚します』以降、『コード・ブルー』を除いて全作品が全話平均視聴率1ケタ台に終わっている。

「フジは『コンフィデンスマン』に“月9復権”をかけており、すでに映画化も同時に進められており、絶対にコケられない」(フジ関係者)

 かつて月9の主演といえば、木村拓哉、山口智子、福山雅治、松嶋菜々子など、キラ星のごとくスターを輩出してきた。

「ここ数年は、月9は数字が取れないことがハッキリしてしまい、主演を断る芸能事務所が続出しています」(芸能事務所関係者)

 そんな月9だが、早くも次クールのキャスティングをめぐる情報が流れている。

「次の7月期の月9主演について、一部で山崎賢人で決定したと報じられていましたが、どうやらその枠は沢村一樹さんが主演の方向になったようです」(広告代理店社員)

 沢村といえば、モデル出身の正統派二枚目俳優として活躍し、『浅見光彦シリーズ』(TBS系)や『DОCTОRS~最強の名医』(テレビ朝日系)などで主演。イケメンなのに「下ネタ」好きという気取らないキャラで、好感度の高い俳優だ。

「今まさに旬な山崎賢人は月9主演に適任という感じなんですが、どうやら同じフジでも、今クールにディーン・フジオカ主演の『モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐』が放送される木曜劇場の7月期作品に主演する方向のようです。正直、世間的には沢村が月9主演というのは今一つピンとこないでしょう。確かに実績のある俳優ですが、所属事務所の研音での格は唐沢寿明、反町隆史、竹野内豊の次といったところ。全盛期の月9だったら主演ではなく、2番手か3番手といったところではないでしょうか。これを見ても、いかに今の月9の“体力低下”が激しいかわかりますよね」(テレビ局関係者)

 月9の復権に期待したい。
(文=編集部)

フジ月9、次クール主演に「格下」俳優? 惨敗必至で主演断る芸能プロ続出のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、コンフィデンスマンJPフジ月9長澤まさみの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事