NEW

堀尾正明アナ、15歳・ザギトワに「異性」質問で批判殺到…デリカシーのなさに業界内で悪評

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TBS放送センター
 ワイドショーの末路を見た瞬間だった。4月5日放送の『ビビット』(TBS系)で、平昌オリンピックの女子フィギュアスケートで金メダルに輝いたロシアのアリーナ・ザギトワ選手に対して、フリーアナウンサーの堀尾正明氏が「好きな男性のタイプ」を聞いたのだ。


「番組では、まず真矢ミキが『羽生結弦選手についてどう思うか』を聞くと、ザギトワは『彼はとても強い人だと思う』と返答。そのいい流れをぶった切ったのが、堀尾でした。『とても動物がお好きなようですけれども、どんなタイプの男性をボーイフレンドにしたいですか?』という質問に、真矢たち女性陣からは『早いですよ』『関係あります?』『15歳ですよ』『どんな質問ですか?』といった声が飛び交いました。

 スタジオの不穏な空気を察した堀尾は、笑みを浮かべながらも口を真一文字に結び、やや顔をこわばらせていましたが、ザギトワも明らかに眉をひそめて困惑した様子。そして、『正直言ってあまり考えたことがないんですね、男性のこと。なので、あんまりいい質問じゃない』と、50近くも歳の離れた堀尾にダメ出ししたのです。堀尾は即座に『すみませんでした』と謝罪し、質問を撤回。しかし、スタジオのスタッフからは、なんとか場を和まそうと、わざとらしい笑い声が起きていました」(週刊誌記者)

 その後、インターネット上では堀尾バッシングが巻き起こり、トレンドワードに「堀尾正明」という普段は見慣れない言葉が急上昇した。ちなみに、翌6日の『ビビット』では黙っている場面が多かったようだが、堀尾氏とはどんな人物なのだろうか。

「堀尾はNHKからフリーに転身しました。NHK出身のアナといえば草野仁のようにまじめなイメージが強いですが、堀尾は異色というか浮いている存在でした。野球中継の実況を務めたときも、試合そのものではなく観客の少なさを実況して上司に怒られるといったことが、よくあったようです。また、3月末でNHKを退社した有働由美子アナの相談によく乗っていたようで、『とにかく自分らしく、NHKに染まるな』という旨のアドバイスを送り、彼女のフリー転身を後押ししたうちのひとりといわれています」(テレビ業界関係者)

「いきなり変な質問をぶち込んでくる」堀尾アナ


 堀尾氏は、過去にBSジャパンなどで江川卓氏とスポーツ特番を複数回担当するなど、スポーツに造詣が深い。それにもかかわらず、今回はアスリートを困惑させるような質問をしてしまったわけだ。

「まぁ、普段からああいう人ですよ。以前、キャスターを務めていたニュース番組『Nスタ』(TBS系)で、シアトル・マリナーズのイチロー選手が『2010年版スポーツ選手長者番付』の世界部門で3700万ドル(約32億円)の6位になったときも、『へぇ~、イチローってこんなにもらってるんだ。チームはあんなに弱いのにね。この犠牲バントひとつも、何百万もするんだね』と揶揄するようなコメントをしていました」(同)

堀尾正明アナ、15歳・ザギトワに「異性」質問で批判殺到…デリカシーのなさに業界内で悪評のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBSアリーナ・ザギトワビビット堀尾正明の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事