NEW

フジ月9・長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』が大味でユルすぎ? ツッコミを放棄すれば楽しいおバカコメディ

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

フジ月9・長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』が大味でユルすぎ? ツッコミを放棄すれば楽しいおバカコメディの画像1生き延びるためのマネー/川部紀子

 長澤まさみ(30)主演の月9枠放送コメディドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)が4月9日にスタートした。初回は90分拡大の特別版で気合の入りようが伺えたが、平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。この数字をどう捉えるかは意見のわかれるところだろう。全話平均視聴率が6.1%でフジ月9枠の史上最低視聴率を更新することとなった前クール作『海月姫』の初回視聴率は8.6%であった。単話での月9史上最低視聴率はそのひとつ前クール作『民衆の敵』最終回の4.6%。

 2017年1月クールの『突然ですが、明日結婚します』以降、ヒットシリーズの『コード・ブルー』を除いて月9枠は全作品が全話平均視聴率一桁台に終わっている。7月に映画公開予定の『コード・ブルー』同様、『コンフィデンスマンJP』もすでに映画製作が決定しており、是が非でもここから数字を上げていきたいところだろう。ドラマ自体は昨年11月にクランクインし、3月末にすべて撮り終えている。

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合