NEW

山崎製パン、トランス脂肪酸低減PRのHPで、一部のマーガリン含有商品を非掲載

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 心筋梗塞狭心症のリスクを増加させ、心臓病の原因となることから、“狂った脂肪”の異名をとる「トランス脂肪酸」。FDA(米国食品医薬品局)が、この6月からトランス脂肪酸を多く含むマーガリン、ショートニングといった水素添加油脂(硬化油)について、食品への使用を原則禁止にするなど、トランス脂肪酸規制の動きは世界的に急速に強まっています。

 すでに、トランス脂肪酸の食品への含有量規制(油脂100グラム当たり2グラムを超えてはならないという国が多い)や、含有量の表示(外食メニュー含む)を義務付けている国は、2018年1月末時点でデンマーク、スイス、オーストリア、カナダ、シンガポール、韓国、中国、台湾、香港です。これに、6月からは米国が加わります。また、EUも17年11月に、実施時期は明記しなかったものの「上限値の設定、表示の義務化、部分水素添加油脂の食品への使用禁止」というパブリックコメントを発表しています。

 一方、日本は「トランス脂肪酸規制は必要ない」との立場です。その理由として、WHO(世界保健機関)のトランス脂肪酸摂取量目標値「総エネルギー摂取量の1%未満」に対し、日本人のトランス脂肪酸平均摂取量は「総エネルギー摂取量の0.44~0.47%で、目標値を下回っている」(農水省)ことを挙げています。

 しかし、日本よりもトランス脂肪酸摂取量の少ない韓国でも、食品中のトランス脂肪酸含有量の表示を義務付けるなど、規制は世界的な流れになっています。

 トランス脂肪酸は、心筋梗塞や心臓病のリスクを増加させるだけではなく、アレルギー疾患を増加させ、子宮内膜症や不妊症など婦人病増加の大きな原因にもなっていると指摘されています。

 このように危険なトランス脂肪酸は、マーガリン、ショートニングを使うフライドポテト、菓子パン、スイーツ、アイスクリーム、クッキーなどに多く含まれていますが、日本は野放し状態なのです。

山崎製パンの「トランス脂肪酸低減」は本当か?

 こうしたなか、自主的にトランス脂肪酸の低減化に乗り出した食品メーカーが出てきました。トップを走っているのが製パン業界最大手の山崎製パンで、「全製品でトランス脂肪酸を大きく低減した」とホームページで強調しています。ホームページによると、パン類から洋菓子までの主要な製品で、トランス脂肪酸含有量は0グラム(100グラム当たり0.3グラム未満)となっています。

山崎製パン、トランス脂肪酸低減PRのHPで、一部のマーガリン含有商品を非掲載のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、トランス脂肪酸パーム油マーガリン山崎製パンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事