NEW

渋谷すばる、関ジャニ脱退を決断させた「ある出来事」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所の本社移転予定先と報じられているSME乃木坂ビル(「Wikipedia」より/Eurotuber)

 人気アイドルグループ・関ジャニ∞が15日、都内のホテルで記者会見を開き、渋谷すばるが12月31日をもってジャニーズ事務所を退所することを発表した。13日発売の「フライデー」(講談社)で脱退騒動が報じられてからすぐの会見となったが、脱退の意志が固まったのは今年の1月ということで、事務所としても発表を先延ばしにできる状況ではなかったようだ。

「関ジャニは昨年、多くの人気バンドが参加する『METROCK 2017 TOKYO』に初参戦したのですが、ファンではない人たちの前で演奏し歌うという新鮮な体験を、渋谷は初めて味わったようです。この出来事が、今回の脱退という決断に大きく影響したとみられています。これまでジャニーズのグループは、テレビ番組ではない音楽イベントに参加することはあまりなかったのですが、2014年にTOKIOが『サマーソニック』に出場したあたりから他のグループもフェスに参加できるようになり、良い意味でジャニーズもファン以外との接点が増えるきっかけになっているようです」(レコード事務所関係者)

 会見で渋谷は、音楽の勉強を一からしたことがないため、海外の音楽学校への入学も視野に入れていると語ったが、メンバーたちは関ジャニに籍を置いたままで日本で勉強することはできないのかと、粘り強く説得を続けていたという。そして渋谷の脱退をめぐっては、メンバー間の確執があったのではないかとみる向きもあるが、テレビ局関係者はこう語る。

「メンバー全員がいる待機室で見かけたこともありますが、いつも仲は良さそうでしたよ。仲が良いというか、関西時代からの長い付き合いですし、家族みたいな雰囲気でした。スタッフにも優しいし、常に笑いが絶えないです。他のジャニーズグループでは仲が悪くて口もきかないということもあるようですが、関ジャニとTOKIOに関しては、とても評判がいいですよ」

 退所までの期間は籍を置いただけの状態になるようだが、メインボーカルを失うだけに他メンバーも焦りはあるだろう。

「歌唱について一切の責任を持ってきたのは渋谷なので、これから渋谷が担当していたパートを誰が担当するのか、ダンスのフォーメーションをどうするのか。調整すべきことが多すぎて、スタッフも頭が混乱しているのではないでしょうか」(前出・レコード事務所関係者)

 会見では「楽しいことしかなかった」と答えた渋谷だが、退所後の活躍に期待したい。
(文=編集部)

渋谷すばる、関ジャニ脱退を決断させた「ある出来事」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ジャニーズ事務所渋谷すばる関ジャニ∞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事