NEW

外務省HP「韓国は重要な隣国」削除…安倍首相の方針反映か、韓国が「格下げ」と過敏反応

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文言削除は当然

 元外務省国際情報局長で外交評論家の孫崎享氏も、今回の外務省の削除を「特に驚きはない」と語り、次のように指摘する。

「今は日韓関係が必ずしもよくないですからね。安倍政権にとって『最も重要な隣国』という修辞句をつけられるような状況ではありません。従軍慰安婦問題での日本政府の対応は正しかったのかという点については、私には一家言あります。慰安婦問題で『最終的かつ不可逆的な解決』など難しいというのが私の立場です。そういう意味では、日本側が怒っていることのほうがおかしいと私は書きました。

 けれども、今の日本の政府の立場からすると、『最も重要な隣国』という形容詞を付けられないというのは納得できます。それを外されたから困るというのは、ちょっと韓国側の甘えた発言ではないかと思います。もし私が外務省の担当の人間だとしても、『最も重要な隣国』という枕詞は削除します。今の日韓関係はそういう関係なんだから、削除されたと騒ぐほうが不思議なぐらいだと思います」

 東亜日報の記事は、以下のように結ばれている。

「日本は最近、北朝鮮問題などと関連して韓米日3国協力を強調してきた。そのような状況で韓日関係を格下げる措置を取ったことで、少なからぬ外交的論議が予想される」

 では、日本の外務省にあたる韓国の外交部が、日本に対する表現で「日本は最も重要な隣国」という文言を果たして使っているのだろうか。
(文=兜森衛)

外務省HP「韓国は重要な隣国」削除…安倍首相の方針反映か、韓国が「格下げ」と過敏反応のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事