NEW

話題のレイコップふとんコンディショナー、ハンパない「快眠」に感動する人続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「眠りが浅く疲れが取れない」ビジネスパーソンに最適

 では、どのような経緯があって、今回ふとコンを開発するに至ったのだろうか。

「元内科医であるレイコップ・ジャパンの李 誠晋(リ・ソンジン)代表取締役がかねてより抱いていた、『より多くの方々を良質な睡眠へと導く今までにない製品をつくりたい』という発想が、ふとコン誕生の源となっています。レイコップとしては、ふとんクリーナーで清潔な睡眠環境は提供できている自負がございます。しかし、睡眠自体の本格的なケアを提供する方法はないかと考え続けていたことや、ふとんクリーナー市場がある程度成熟して新たな市場の開拓という課題が生まれたことも背景となり、ふとコンを開発したのです。

『清潔な睡眠環境を提供したい』という李代表取締役の想いから生まれたのがふとんクリーナーなのですが、その想いが『本格的な睡眠ケア』へと進化した結果、ふとコンが生まれたということです。つまり、ふとんクリーナーの延長線上にあるのがふとコンなのです」(同)

 睡眠の質が上昇することで、ビジネスパーソンにはどのような恩恵があるのだろうか。

「そもそも日本人は世界各国の人々と比べて睡眠時間がもっとも短いというデータもあり、“睡眠負債”という言葉も注目されるほどになっております。そんな日本のビジネスパーソンのみなさんの睡眠環境を整えることが、仕事のパフォーマンス向上の一助になるのではと考えております。たとえば眠りが浅くて疲れが取れない、限られた時間でいい睡眠を確保したい、などといった睡眠に関するお悩みを持つ方々にもご体感いただき、お悩みを解消していただけたら幸いです」(同)

 レイコップでは現在、良質な睡眠をとってハイパフォーマンスな仕事を実現するための、「企業公認シエスタ」というキャンペーンを行っているという。これはシエスタ(昼寝)を導入する企業を募集するというもので、参加企業にはふとコンを無償提供しているそうだ。

「現在たくさんの企業様からご応募いただいています。厚生労働省は『午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが眠気による作業能率の改善に効果的』と昼寝を推奨する発表をしていますので、シエスタにより日々の健康と作業能率を改善し、今後の生活の活性化につなげていただければと今回のプログラムを実施しております。8月31日まで特設サイト上でご応募を受け付けており、今後は使用いただいたご感想も公開する予定ですので、そちらもぜひご覧いただければ幸いです」(同)

 ふとコンは高額な製品ではあるが、人生のおよそ3分の1を占める睡眠のクオリティが上がり、その結果仕事のパフォーマンスまで向上すると考えれば、購入を検討する価値もありそうだ。一部の家電量販店では実物展示もされているので、気になる方は一度“試眠”に行ってみてはいかがだろうか。
(文・取材=A4studio)

話題のレイコップふとんコンディショナー、ハンパない「快眠」に感動する人続出のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事