NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

子育て世帯は利用しないと損する助成金リスト…塾や習い事、家賃補助、引っ越し代も

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住環境を整えるための生垣の設置や屋上緑化への助成をはじめ、もっと簡単な例では、自治体が時期に応じて花やゴーヤの苗などを配ってくれるケースもある。家まわりにそれなりのお金を使う際は、工事を発注する前に自治体のホームページなどを確認したほうがいい。

 自分が住む自治体で利用できる補助金や助成を知るためのツールも増えてきた。家計簿アプリ「Zaim」は、ユーザーが登録している住まいの地域や家族構成、家計簿の内容から、もらえる可能性がある給付金を提示してくれる。また、東京23区に限るが、行政サービスの情報が調べられるサイト「ほじょナビ」も便利だ。

 住民である以上、我々はその自治体に納税している。自治体側も、住みやすい環境を整えることで多くの納税者に住んでもらうことがメリットにつながるので、ウィンウィンの関係として、利用できる補助や助成金は遠慮せずに申し込もう。また、募集数や予算の枠があるものについては早めの申請が望ましいことを、くれぐれもお忘れなく。
(文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト)

【※1】
ニッポン移住・交流ナビ JOIN

●松崎のり子(まつざき・のりこ)
消費経済ジャーナリスト。生活情報誌等の雑誌編集者として20年以上、マネー記事を担当。「貯め上手な人」「貯められない人」の家計とライフスタイルを取材・分析した経験から、貯蓄成功のポイントは貯め方よりお金の使い方にあるとの視点で、貯蓄・節約アドバイスを行う。また、節約愛好家「激★やす子」のペンネームでも活躍中。著書に『お金の常識が変わる 貯まる技術』(総合法令出版)。Facebookページ「消費経済リサーチルーム

『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない』 同じ収入でも、貯まる人と貯まらない人の違いは何でしょうか? 貯まらないと嘆く多くの人の使い方には、お金が「漏れていく穴」があるのです。お金に困らない人生を手に入れるには、まずは「漏れ」を招く穴をふさいで、「溜まる」人になることからスタートを。そのコツを存分に伝授します。 amazon_associate_logo.jpg

子育て世帯は利用しないと損する助成金リスト…塾や習い事、家賃補助、引っ越し代ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事