NEW

『鉄腕DASH』謝罪シーン放送が物議…「視聴率稼ぎ」「メンバーに背負わせすぎ」

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOKIO

 元TOKIOの山口達也が強制わいせつの容疑で書類送検され、世間で大きな話題となって以降、初の『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)が5月13日に放送され、平均視聴率は20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高記録をマーク。番組終盤ではTOKIOのリーダー・城島茂が農家の人たちへ謝罪する様子が一部放送され、放送内容にさまざまな声が上がっている。

 番組冒頭では、「新宿DASH」と「DASH海岸」のロケが5月1日に、「DASH島」のロケが5月4日に再開したことを報告。「DASH島」では反射炉建設の作業をしていたスタッフに合流した長瀬智也が、帽子をとって「皆さん、色々とご迷惑・ご心配おかけいたしました」と謝罪する様子が放送された。それ以降は、これまでに「DASH島」で行ってきた作業や道のりを振り返る総集編のような内容だった。「DASH島」の開拓に大きく貢献してきた山口だが、その姿は一瞬たりとも映ることはなかった。

 そして番組終盤、城島が福島で長年にわたり米づくりを手伝ってくれている農家を訪れ、大粒の涙を流しながら深く頭を下げて謝罪する様子が映し出された。このシーンに視聴者からは、TOKIOを応援する声が続出している。

「リーダーの対応と福島の方の反応を見て、タレントや番組の枠を超えた絆が感じられて感心した」
「福島のところはウルッときた。4人になってしまったけど、がんばってほしい!」
「米づくりへの思い。(農業指導をしてくれていた故・三瓶)明雄さんや福島との絆。そういった想いに誠実に応えてきたからこそ、今のTOKIOがあると思っています。お互いに流した涙は本物でしょう」
「4人でがんばってほしい! 応援してくれる人がたくさんいます。もう泣かないで。明るい、新生TOKIOに期待します」

 このように感動の声が相次いだが、一方で批判的な声もある。

「謝罪シーンは見ていて心が痛くなった。少なくともゴールデンのバラエティで流さなくてもいいと思う」
「メンバーに背負わせ過ぎ。太一のやつれた感じとか、リーダーの涙とか見ててつらかったわ」
「茶番。そういう真面目な謝罪は見えないところでやってほしい」
「謝罪してケジメと筋を通したことはいいこと。しかし、視聴率稼ぎと国民の同情を買うため、謝罪の状況を番組で流すやり方は褒められたものではない」

 ほかにも、山口の存在がなかったかのような編集に対する疑問の声もある。

「いるべきところにいないと、余計に山口を意識してしまった」
「編集技術はすごいなと思って見ていました。見事にいないことになっていた」
「仕方ないのはわかるのですが、テレビって編集でなんとでもできるんだなあと思い、テレビのすごさというか怖さを感じた」
「DASH島の歴史を、山口抜きでつくり直す必要があったのか、疑問が残る」

 さらに、「やっぱり山口のいないDASHはつまらない」「ほかのメンバーががんばっているのはわかるけど、山口のいないDASHは見る気になれない」「山口が抜けてどうするんだろう。(山口は)手先の技術がずば抜けていたからな」などと、心配する声も少なくない。

 次週は、長瀬がインドを訪れた様子が放送される『ザ! 鉄腕! DASH!!』。4人のTOKIOとして新たな姿を見せられるか、注目されている。
(文=編集部)

『鉄腕DASH』謝罪シーン放送が物議…「視聴率稼ぎ」「メンバーに背負わせすぎ」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、DASHTOKIO城島茂山口達也長瀬智也の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事