NEW

【スルガ銀行・不正融資】幹部が続々退職で真相隠蔽…社外取締役・監査役に大物エリートずらり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スルガ銀行本店(「Wikipedia」より)

 泥船から逃げ出すのはネズミだけではない。スルガ銀行は5月15日、決算発表と同時に社外取締役・監査役の異動を発表した。

 社外取締役で元マイクロソフト社長の成毛眞氏が6月28日の定時株主総会で退任する。ハーバードビジネススクールでMBAを取得し、マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー(役員)だった大石佳能子氏も退任する。

 2人とも岡野光喜会長兼CEOに招聘されて社外取締役になった。

 スルガ銀行は岡野氏以下、取締役の任期が1年であるため、任期いっぱい務めたことにはなるが、実態は泥船から逃げ出した大きなネズミなのではないか。大石氏は江崎グリコ、参天製薬、資生堂の社外取締役を務めているが、スルガ銀行以外は続投するのだろうか。

 成毛氏はインターネット上などで盛んに情報発信しているが、スルガ銀行の社外取締役に就いていることは、ほとんど触れていない。特に「かぼちゃの馬車」問題については情報発信していたか確認できない。

 新たに社外取締役になるのは木下潮音氏。社外監査役からの横滑りである。木下氏は弁護士で東京大学法科大学院客員教授。2011年6月からスルガ銀行の社外監査役を務めている。東京工業大学の副学長でもある。

 もうひとりの社外取締役は河原茂晴氏。ソニー出身で、KPMGあずさ監査法人代表社員を経て公認会計士河原茂晴事務所代表。日立キャピタルの独立社外取締役にも就いており、一橋大学CFO教育研究センター特別補佐でもある。

 3人目の社外取締役は長野聡氏。日本銀行考査局調査役、北九州支店長などを歴任した。2018年2月に日本銀行を退職。弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所の弁護士である。

 既存の社外取締役である安藤佳則氏は続投のようなので、社外取締役は現在の3人から4人へと1人増える。安藤氏は三菱重工業の出身で、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、A.T.カーニーのアジア・パシフィック代表。

 社外監査役には島田精一・元三井物産副社長、日本ユニシスの元社長兼CEOがいるが、続投とみられる。

【スルガ銀行・不正融資】幹部が続々退職で真相隠蔽…社外取締役・監査役に大物エリートずらりのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、スルガ銀行トカゲのしっぽ切り全国地方銀行協会金融庁の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事