NEW
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

スーツを帰宅後すぐにクローゼットに入れるのはNG?スーツを長持ちさせる「扱い方」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本のビジネスパーソンは、にあまり意識がいっていない人が多いように思います。いくら高価なオーダースーツを着ていたとしても、『靴がいまいち』という方がいらっしゃいます。『足元を見る』という言葉があるように、スタイルを見るときは靴が大事。スーツよりは単価が安いので、ぜひ投資したいところです。

 金額の目安としては、1足2万5000円以上がおすすめです。足は、1日中すべての体重を支えていますし、汗もかきます。靴は日々過酷な環境に耐えているのです。人知れず負荷がかかっているので、大事に扱ってほしいですね。仕事をしっかりやっている人でも、靴底がすごく減っていたり汚かったりしたら、残念に思われてしまうもの。逆に、靴をきれいにしている人は、それだけで印象がよくなります。

 靴を大事に扱うと、ハンカチや財布、名刺入れなどにも気持ちが行き届くようになり、ビジネスの相手からも『しっかりした人だろうな』という印象を持たれることでしょう」(同)

3.スーツを常に清潔に長持ちさせる方法

 毎日の仕事を終えて帰ってくると、へとへとになるものです。そこで、スーツをハンガーにかけて、すぐにクローゼットに放り込んでいないでしょうか。実は、これはNG行為。

「できれば、スーツ用の大きめブラシで、下から上へ、そして上から下へとブラッシングすることをおすすめします。そうすることで汚れが落ちてきれいになり、スーツが長持ちするからです。厚みのあるハンガーにかけたら、すぐにクローゼットには入れず、一晩は部屋の中にかけておきましょう。そうして湿気を取り除いてからクローゼットに入れてください。

 また、スーツのパンツはパンツ用のハンガーにかけましょう。逆さにかけることで、パンツ自身の重さでしわが取れます。また、ホテルなどに置いてあるズボンプレッサーはアイロンよりずっと簡単なので、ひとつ持っておくと便利です」(同)

 では、雨でスーツが濡れてしまったときは、どうすればいいのでしょうか。ここでも、ポイントになるのは意外なひと手間。

「タオルをかけたハンガーにスーツをかけてください。パンツも同じようにして、自然に乾かします。ウールなどの自然繊維には復元力があります。泥がついている場合は、乾かしてから落としましょう」(同)

「スーツはクリーニングに出す」という人も多いかもしれませんが、実はクリーニングでは生地が傷んでしまうこともあるそう。そのため、頻繁にクリーニングに出すのではなく、普段のお手入れが肝心ということです。

『一流に見える服装術 センスに関係なく「最適な服」が選べるスーツスタイルの教科書』 センスも知識もいらず、なるべくお金をかけずに、正しいビジネススタイルの服装ができる、再現性100%の6ポインツ・メソッド。 amazon_associate_logo.jpg
『お金が貯まる「体質」のつくり方』 お金が貯まるかどうかは、年収の差だけではなく、お金の使い方や日々の生活習慣などの「体質」にありました。ストレスなく、幸せになりながらお金が貯まる人になるシンプルな習慣と考え方について紹介。人生をより豊かに、自由に生きるための37のコツをお伝えしています。 amazon_associate_logo.jpg

スーツを帰宅後すぐにクローゼットに入れるのはNG?スーツを長持ちさせる「扱い方」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事