NEW

上戸彩、フジテレビ月9主演オファーを拒否か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上戸彩

 7月期のフジテレビの“月9”として、沢村一樹主演の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』が放送されると発表された。このドラマは過去に上戸彩が新米刑事役を演じた『絶対零度』シリーズの続編だが、今回は沢村が演じる元公安のエリート刑事が主人公になるという。そんな本作だが、キャスティングは発表前まで、かなりの“ゴタゴタ”があったという。スポーツ紙記者が語る。

「『絶対零度』の詳細は17日に発表されたのですが、じつは先月17日に一部スポーツ紙が『上戸彩が7月期の月9に出演』と報じていました。しかし“主演”とは書かれておらず、内容も“『絶対零度』シリーズの流れをくむ第3弾的作品”とあいまいに伝えられました。結局、上戸は“物語のカギを握る存在”というかたちでの出演が発表されましたが、要は特別出演ということでしょう」

『絶対零度』は過去に2回放送され、2010年のシーズン1では全話平均視聴率14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、翌年のシーズン2では同13.1%という安定した人気を誇る“優良物件”。シーズン2までは火曜21時枠の放送だったが、今回は月9に移動する。作品の評判は良いものの視聴率低迷が続く今クールの『コンフィデンスマンJP』のあとだけに、フジとしては期待を高めているだろう。

「実は7月期の連ドラ出演をめぐっては当初、上戸はテレビ朝日の木曜ドラマ枠での出演で話が進んでいたのです。木曜ドラマといえば、米倉涼子主演の大ヒット作『ドクターX~外科医・大門未知子~』が放送されてきた、いわゆる“オスカー枠”。しかし、急転直下で上戸は月9の出演に変更されたのです」(広告代理店関係者)

 その理由について、ひとつは上戸の個人的事情、もうひとつは所属事務所オスカープロモーションの“社内事情”によるものだという。

「上戸は元EXILEのHIROと結婚・出産後、以前より仕事をセーブ。家庭ファーストの生活を送っています。そのためテレ朝オスカー枠の主演より、出番が削れる月9の特別出演を選んだといわれています。そうすれば、主演ほど撮影に時間を取られませんからね。もうひとつはオスカーの社内事情。ここ最近のオスカーは若手の武井咲が出産し、剛力彩芽もスタートトゥデイの前澤友作社長との熱愛が発覚。加えて多数の社員がある幹部によるパワハラ問題で大量退社と、災害級のトラブルがたて続いています。会社として尻に火がついており、上戸にも働いてもらわなければならない状況です。とはいえ、フジの月9は大コケ続きでブランドが低下しており、もし上戸主演でコケたとなれば上戸の名にキズがついてしまいますからね。オスカーとしては、それはなんとか避けたい。そんな思惑から主演のオファーは断って沢村に譲り、上戸は特別枠というかたちで月9出演を決めたそうです」(同)

 上戸が月9の主役を蹴ったことは吉と出るか、凶と出るか――。
(文=編集部)

上戸彩、フジテレビ月9主演オファーを拒否かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビ上戸彩月9の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事