NEW

キムタク次女デビューに「努力してるモデルに失礼」「親の七光りがフル稼働」と辛辣な声

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kōki,さん(@kokiofficial_0205) • Instagram写真と動画」より
 5月28日に発売された「ELLE JAPON」(7月号/ハースト婦人画報社)で、木村拓哉と工藤静香の次女「Koki,」(こうき/正しくはoの上に長音符)がモデルデビューを果たした。凛とした姿で表紙を飾っているが、インターネット上では「両親の名前が出なきゃ、もっとカッコよかったのに」「コネであってもなくても、この子は魅力的だと思う」とさまざまな声があがっている。


 Koki,は現在15歳で身長170cm。抜群のプロポーションを生かし、「ELLE JAPON」ではハイブランドの服を着こなしている。撮影を担当した写真家の操上和美氏は、29日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で「華があって眼力がすごくしっかりしているので、大人に感じますね」「親の血を継いでいるといいますか、素晴らしく才能がある」と魅力を語っていた。

 大物2世のデビューに、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などからは「キムタクがそのまま少女になった感じ。オーラが半端ない。どんどんキレイになりそう」「雰囲気があってカッコいいし、インスタ見たら笑顔がかわいかった」「顔はキムタクで骨格は静香。2人の良いとこ取りでかわいい」といった声があがっている。

 しかし、一方では「せっかくスタイルいいんだから、謎のままデビューしてほしかった」「親の七光りならぬ十四光りがフル稼働されそう」「親の名前がなかったら、最初からこんな扱いではないでしょ」「モデル向きの体型なのかもしれないけど、いきなり表紙ってやっぱり親の七光りだと思ってしまう」といった声も多く見られる。

キムタクのジャニーズ残留を勘ぐる声まで浮上


 9ページが割かれている「ELLE JAPON」では両親の名前は明かされていないが、28日付のスポーツニッポンが木村と工藤の次女であることを報じた。また、Koki,という芸名は本名の「光希(みつき)」をもじったものだというが、「週刊女性PRIME」の記事には「やはり多少なりとも“親の七光り”とは言われたくない意思表示なのでしょう」という芸能レポーターのコメントがある。

 しかし、好むと好まざるとにかかわらず両親のネームバリューが注目されていることについて、「必死で売り込まなくてもマスコミが取り上げてくれる。地道にやっているモデルたちはどう思うんだろう」「いきなり表紙って努力しているモデルに失礼では」と厳しい見方も出ている。一方で、「本人は何も悪くない。まわりが勝手に持ち上げすぎ」「2世芸能人とキムタクに逆風の今、むしろ逆効果では?」という意見も見られるなど、まさに賛否両論が飛び交っている。

 なかには、「キムタクは娘の夢を知っていたから、少しでも芸能界の後ろ盾を得るために、自分はジャニーズ事務所に残ったのでは」と勘ぐる見方まで浮上している。また、Koki,が工藤と同じ芸能事務所に所属していることから「興醒めだわ」「最初から親のコネ使う気じゃん」といった声も出ている。

キムタク次女デビューに「努力してるモデルに失礼」「親の七光りがフル稼働」と辛辣な声のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、Kokiモデル工藤静香木村拓哉の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事