NEW

毎回予想通りの展開しかない『正義のセ』、次回も容易に予想がつく最低の展開

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『正義のセ』オフィシャルサイトより

 吉高由里子が主演を務める連続テレビドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)の第8話が5月30日に放送され、平均視聴率9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークした。第7話の9.0%からわずかに回復するも1ケタ台は脱せず、内容も相変わらず単純すぎてつまらなかった。

 同ドラマは主人公の新人検事・竹村凜々子(吉高)が、熱意のあまり検察事務官・相原勉(安田顕)ら横浜地方検察庁港南支部の面々を振り回しながら、事件を解決していくストーリー。第8話で凜々子は、人気俳優・光岡駿太(桐山漣)のマネージャー・斎藤茂典(正名僕蔵)が起こしたひき逃げ事件を担当し、調べを進めるうちに斎藤の証言に矛盾があることに気づく。

 斎藤は当初、人にぶつかったとは思わなかったとして「そのまま走り去った」と供述していたが、被害者の横山茜(浦まゆ)は、車が「一度止まった」と証言。また、事故が発生した時間、車を運転していたはずの斎藤が別の場所を歩いている姿が目撃されており、凜々子は「本当は光岡が運転していて事故を起こし、それを斎藤がかばっている」と、確信した。

 正直なところ、この展開は簡単に予想できるもので、案の定、結果も予想通りの事情が語られ、心底「今週もつまらなかったな」とガッカリさせられた。せっかく途中で“光岡の彼女”の存在も明らかになったのだから、せめて「斎藤が光岡をかばっているとみせかけて、実はさらに光岡の彼女をかばっていた」といった結末ならマシだった。普通に光岡が犯人ならば、彼女の下りはいらなかったと思う。

 インターネット上でも、今回は桐山のファンが多少盛り上がっていたのと、ゲスト出演したハリセンボン・近藤春菜が話題を集めたくらいで、内容に関しては「どんでん返しがない上、ありきたりで単純な展開だから拍子抜けする」「こういう事件モノって、謎解きが楽しいのに、謎も何もない」などと酷評の嵐。しかも、同様のコメントは以前から散見されており、同ドラマが毎週似たような流れの話を繰り返していることがよくわかる。事件の内容が違うだけで、凜々子も大体いつも同じような行動しかとっていない。

 来週の第9話で、凜々子が起訴した被疑者の冤罪が発覚するという“変化球”のストーリーがようやく描かれるようだが、その中身を想像するのは容易だ。おそらく、凜々子が落ち込み、それを周囲が励まし、「実は冤罪ではなかった」と判明し、凜々子が自信を取り戻す、といった流れではないか。普段から落ち着きのない凜々子には、この出来事を機に少しくらい大人しくなってほしいが、最終回までには元の性格に戻っているだろうとも思う。私のこうした単純な予想を裏切ってほしいものだが、果たしてどうなるだろうか。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

毎回予想通りの展開しかない『正義のセ』、次回も容易に予想がつく最低の展開のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、吉高由里子桐山漣正義のセ視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事