NEW

潰し合う嵐…二宮『ブラックペアン』が前クール同枠の松本潤『99.9』に大差で完敗

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日曜劇場『ブラックペアン』|TBSテレビ」より
 嵐の二宮和也が主演を務める連続テレビドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の第7話が6月3日に放送され、平均視聴率は前回と変わらず13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。


 同ドラマの平均視聴率は、初回から13.7%、12.4%、12.1%、13.1%、13.4%、13.0%となっている。一方、同枠の前クールで放送されていた松本潤主演の『99.9-刑事専門弁護士-SEASON2』は、初回から7回まで15.1%、18.0%、16.2%、16.8%、17.0%、17.0%、17.4%と一度も15%を下回っておらず、今のところ『ブラックペアン』が『99.9』を上回ったことは一度もない。

 今回もストーリーとしてはまったく進展がなく、相変わらず二宮演じる渡海征司郎がほかの医師の手術を難なくカバーするだけの話だったが、後半に入っても視聴率を落としていないのは「さすが嵐」ということなのか。おそらく、多くの二宮ファンがリアルタイムで視聴しているのだろう。

 今回は、加藤綾子演じる治験コーディネーターの木下香織の過去が明らかになった。元看護師で、以前に勤務していた病院で手術中の医師のミスを自身のミスにされて病院を追い出されたことが明かされたのだ。治験患者役としてゲスト出演した相武紗季は木下の元同僚で対立する役柄だったが、2人がやり合うのかと思いきや、特にバチバチとしたシーンはなく普通に和解。これといった見どころもなく、これなら「スナイプ」だの「ダーウィン」だのと高階権太(小泉孝太郎)と渡海がやり合っていたときのほうが、まだおもしろかった。

 渡海は東城大学医学部付属病院からライバル関係の帝華大学病院に引き抜かれたが、東城大病院長の守屋信明(志垣太郎)が自分の天下り先を斡旋してもらうために東城大の患者データを帝華大に横流ししていた証拠を突き出す。

 そして、佐伯清剛教授(内野聖陽)は、そもそも自分が渡海を追い込んだくせに、病院長に対して不正を見逃す条件として「渡海を東城大に戻す」「倍の給料を自腹で支払え」と言う。この交換条件も謎だが、そこであっさり戻ってくる渡海も不思議すぎる。高階もそうだが、この人たちはいったいどこに所属していて、どこから給料をもらっているのだろうか。

 そう思うのは視聴者も同じようで「脚本が雑すぎ、ご都合主義、意味不明。佐伯があっさり渡海を手放したり復帰させたり、何がしたいんだか」「渡海先生が院長の不正を暴くってあり得なくて笑える」「勤務実績があるのに医師の給料を別の医師が個人的に払うなんてあり得ない。渡海の社会保険料どうなるの? 経理上どうなるの? 税務署の監査が入らない世界ですか?」と疑問視する声が多数あがっていた。

初回から7話まで続く、お決まりのパターン


 少々強引な展開だが、やはり父と佐伯の因縁を描く上で渡海は東城大の医師でなければならないということだろう。しかし、今回もやはり渡海の父と佐伯との関係性についてはスルーされた。2人の間に何かがあるのだろうということは、初回から登場していた“ペアンが写り込んだレントゲン写真”を見れば一目瞭然なのだが、種明かしはされないまま7話を終えてしまった。

潰し合う嵐…二宮『ブラックペアン』が前クール同枠の松本潤『99.9』に大差で完敗のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、99.9TBSドラマブラックペアン二宮和也松本潤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事