NEW

EVなんて買ってはいけない?高い・不便・故障多い…特にホンダは避けるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 それに加え、事故を起こした際など安全面のデメリットも無視できない。

「高電圧バッテリーを使用しているエコカーは、衝突事故時や水没時にバッテリーから漏電して感電するリスクがあります。もちろん、メーカーも漏電対策を行っていますが、予想外の衝撃が加われば何が起きても不思議ではありません」(同)

 もちろん、エコカーにもメリットはある。呉尾氏によれば、その最たるものが「運転時の快適性」と「加速力」だという。

「ガソリン車のエンジンと比べて、モーターは静粛性が高く、発進時や低速時にはほとんど音がしないほど静かです。停車時からの加速も力強くスムーズで、こういった走行性能を重視して購入するユーザーも少なくありません」(同)

 つまり、快適性を重要視するなら「エコカーの購入もアリ」なわけだ。

燃費で選ぶならやっぱりトヨタ?


 エコカーを購入する際には、なんらかの基準が必要だ。そもそも、「EV」「HV」「PHV」のどれを選ぶべきなのか。

「HVの一択でしょう。なぜなら、EVとPHVは充電が必要ですが、国内には充電スタンドがまだ少なく、遠出の際は確実に不便さを感じることになります。スタンドの急速充電器を利用する方法もありますが、80%ほど充電するのに最低20分はかかり、混雑時は1時間待ちのケースもある。快適に利用できるインフラが整っていない以上、現状ではEVとPHVを購入するのは避けるべきです」(同)

 次に重要になるのは、メーカーだという。クルマを買うとき、できる限り低燃費の車種を選ぶ人は多いだろう。その際は、国土交通省が定める「JC08モード」という方法で測定された燃費性能を参考にする場合が多い。

 しかし、大切なのはJC08モードよりも実燃費だ。JC08モードでも比較はできるが、本当の低燃費車を購入するにはメーカーの選択が重要となる。その点で呉尾氏が推すのは、やはりトヨタだという。

「早い時期からHVを開発していたトヨタの燃費性能は、他社に比べて一日の長があり、やっぱり優秀です。それに対し、日産の燃費性能は可もなく不可もなくといったところで、トヨタに比べて見劣りします。とはいえ、決して悪いわけではありません」(同)

 逆に、実燃費の悪さという意味で避けたほうがいいのはホンダだという。

「ホンダは高回転型のエンジンを搭載しているクルマが多く、カタログ燃費と実燃費の乖離が非常に大きい。エコカーとしてはおすすめできません」(同)

EVなんて買ってはいけない?高い・不便・故障多い…特にホンダは避けるべき?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、EVHVPHVエコカートヨタ自動車ハイブリッド車プラグインハイブリッド車ホンダ自動車電気自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事