NEW

月給12万で正社員募集、実質最低賃金以下も…流行のみなし残業、社員を残業させ放題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハローワークの求人票

 今春、あるハローワーク求人情報の一部を撮影した写真がツイッター上に投稿され、大きな波紋を呼んだ。

 職種や勤務地などの詳細は不明だったが、そこには賃金が「12万8000~16万円」と記載されており、投稿者は「人じゃなくて低賃金で働く奴隷探してるだろこれ。誰が月給12万で正社員で働きたい、応募したいと思うのか。採用する人はその辺考えた方が良いと思うよ」(原文ママ)と問題提起している。

 この例を筆頭に、最低賃金を下回っているのではないかと疑われる求人情報の存在がインターネット上ではたびたび話題になるが、その実態はどうなっているのだろうか。そこで、都内某所のハローワークに足を運び、実際にリサーチしてみた。

 ハローワークの検索システムを使い、試しにIT関係の求人情報を探してみると、東京都は最低賃金が全国でもっとも高いということもあってか、冒頭で取り上げたような月給12万円台の企業はヒットしない。ただ、月給20万円を切る求人情報はちらほら目についた。

 たとえば、システムエンジニアやプログラマーを募集しているA社の場合、大卒の月給は18万2000円、短大・専修学校卒の月給は16万6000円となっている。基本給はそれぞれ13万8000円と12万8000円で、そこに1万円の住宅手当と、大卒なら3万4000円、短大・専修学校卒なら2万8000円の職務手当が加算されるようだ。

 A社の年間休日数は123日なので、毎月の労働日数は平均して約20日。就業時間は9時~17時30分で、60分の休憩時間があると書かれているから、1日の労働時間は7.5時間。つまり、1カ月あたりの労働時間は150時間ということになる。

 こちらの150時間という数字で、先述した短大・専修学校卒の月給16万6000円を割ってみると、A社の時給は1107円(小数点以下は四捨五入、以下同)となり、東京都の最低賃金である時給958円を上回っている。また、求人票には時間外労働が月平均15時間とも書かれているため、1カ月あたり165時間労働で計算し直したとしても、時給は1006円。他社に比べていくら低賃金に見えようと、やはり法的な問題はない。

月給12万で正社員募集、実質最低賃金以下も…流行のみなし残業、社員を残業させ放題にのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、みなし残業制度ハローワーク固定残業手当求人情報の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事