NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

日本人だからこそロシアと因縁の国・フィンランドの合同コンサートで奇跡の光景を起こせた

文=篠崎靖男/指揮者

 さて、そんななかで迎えたリハーサル当日。僕は指揮棒を振り下ろしました。いつも通り、フィンランドの楽員は深い思いを込めて演奏を始めます。そして、ロシアの楽員も一緒になって心を寄せ合い、まるで2つのオーケストラが、これまでもずっとフィンランディアを演奏してきたかのごとく、感動的な時間でした。その後に行われた演奏会本番もとても素晴らしい演奏で、ロシアの観客もものすごい拍手です。あとで聴いた話ですが、フィンランドからやって来ていた観客のなかには、涙を流している人もいたそうです。

伝統と格式を重んじるロシアの“門番”

 最後に、面白い話を紹介します。

 フィンランディアを指揮する直前、僕はいつも通り、ステージマネージャーがステージドアを開けるのを待っていました。ステージマネージャーとは、“裏方のボス”です。彼の許可なく、勝手にステージに上がることはできません。彼は、ホールに観客がすべて入ったかとか、楽員たちに何か急なトラブルがないかとか、また意外によくあるのですが、曲の順番を間違えて、出番にもかかわらず部屋で悠々とコーヒーを飲んでいる楽員を呼びに行ったり、万全を見極めてからステージドアを開け、指揮者はステージに上がることができます。

 さて、このロシアのホールは、伝統と格式がある歴史的建造物で、珍しいことに、重厚なカーテンがステージドアの役割を果たしていて、上から太い一本のロープがぶら下がっています。ロープを引っ張ると、骨董品のようなカーテンが上がる仕組みになっており、フィンランドから連れて来たステージマネージャーは、すべての確認を終え、そのロープを引っ張ろうとしました。

 すると、ロシアの大男が急にやってきて止めたのです。その男は、まるでトルストイの小説に出てくるような、古めかしく、重そうなロシア皇室の門番のような恰好をしてずっとカーテンの横に突っ立っており、僕も「あの人は何の仕事をしているのだろう」と不思議に思っていました。そんな彼が初めて動き出し、重く、でも誰も拒否できないような厳かな声で、こう言ったのです。

「このカーテンは帝政ロシア時代からのもので、誰にもこのロープは触らせない」

 その大男は、誇りと威厳をもってロープを引っ張り、僕はステージに上がることができたのでした。
(文=篠崎靖男/指揮者)

日本人だからこそロシアと因縁の国・フィンランドの合同コンサートで奇跡の光景を起こせたの画像2
●篠﨑靖男
 桐朋学園大学卒業。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで最高位を受賞。その後ウィーン国立音楽大学で研鑽を積み、2000年シベリウス国際指揮者コンクール第2位受賞。
 2001年より2004年までロサンゼルス・フィルの副指揮者を務めた後、英ロンドンに本拠を移してヨーロッパを中心に活躍。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBCフィルハーモニック、ボーンマス交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、フィンランド放送交響楽団、スウェーデン放送交響楽団など、各国の主要オーケストラを指揮。
 2007年にフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者に就任。7年半にわたり意欲的な活動でオーケストラの目覚ましい発展に尽力し、2014年7月に勇退。
 国内でも主要なオーケストラに登場。なかでも2014年9月よりミュージック・アドバイザー、2015年9月から常任指揮者を務めた静岡交響楽団では、2018年3月に退任するまで正統的なスタイルとダイナミックな指揮で観客を魅了、「新しい静響」の発展に大きな足跡を残した。
 現在は、日本はもちろん、世界中で活躍している。
オフィシャル・ホームページ http://www.yasuoshinozaki.com/

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合