厚労省の摂取基準を1本で超えるストロング系

 一方、お酒に強くない人は量を飲もうと思っても飲めないため、アルコール依存症にはなりにくい。その代わり、ストロング系を飲み続けると別の健康リスクが高まる。そのうちのひとつが、がんだ。

 そもそも、ストロング系にどれくらいの量のアルコールが含まれているかご存じだろうか。アルコールの質量をg(グラム)に換算すると、アルコール度数7%の350ml缶で約20g、8%なら約22g、9%なら約25gとなる。500ml缶の場合は、7%で約28g、8%なら約32g、9%なら約36gだ。

 厚生労働省は、成人男性の1日のアルコール摂取量の目安を「20g程度」としている。アルコール度数5%の缶チューハイなら500ml缶を飲み干してもアルコール摂取は20gで済むが、ストロング系であれば軽く超えてしまう。

 また、「20g程度」はあくまでも目安にすぎない。日本人によく見られる、少量の飲酒で顔が赤くなるような体質の人、女性や高齢者は、それより飲酒量を少なくすることが推奨されている。そうしないと、前述したがんのリスクも現実味を帯びてしまうという。

「愛知県がんセンター研究所が2016年に発表した論文によると、お酒を飲んで顔が赤くなる人が1回46g以上のアルコールを週5日以上摂ると、80歳までに20%の確率で食道がんになると推定されています。この46gというのは、アルコール度数9%の350mlのストロング系缶チューハイ2本分にあたる。お酒を飲んで顔が赤くなる人は、がんリスクについて特に注意が必要でしょう」(同)

元凶は「手軽に強い酒が買えてしまう環境」

 このようなリスクを避けるには、ストロング系のような強いお酒を飲まないことがもっとも確実な方法だ。しかし、日本社会では「強いお酒を飲まない」という簡単なことが難しい現状もある。

「日本は、欧米諸国に比べてお酒を口にしやすい環境にあります」と横山氏は指摘する。

「たとえば、居酒屋には必ず飲み放題コースがあり、テレビではお酒のCMが流れ、電車に乗っていてもお酒の中吊り広告が目に入る。アルコール依存症患者は、必ずしも最初から進んでお酒を手にとっているわけではありません。こうした環境のなかでお酒を口にするようになり、いわば受動的に依存症に引きずり込まれてしまうのです」(同)

 それでも日本のアルコール依存症患者が欧米より少ないのは、「アセトアルデヒドの分解能力が弱い」という体質に助けられているからだという。

 また、横山氏が指摘する「お酒を口にしやすい環境」の最たるものが、コンビニだろう。最初に述べたように、今やコンビニではストロング系がアルコール類の棚の大半を占めている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ