NEW

『この世界の片隅に』セオリー逸脱でドラマ超越の奇跡的傑作…松本穂香、降臨

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『この世界の片隅に』公式サイト(TBS HP)より
 今クールの連続テレビドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)の第1話が15日、放送された。


 同ドラマの原作は累計販売部数120万部を誇るベストセラーマンガ(著者:こうの史代、発行元:双葉社)で、2016年にはアニメ映画化され観客動員数200万人を超える大ヒットとなっており、今回、TBSは局の看板ともいえる「日曜劇場」枠で満を持してドラマ化に挑む格好となった。第1話を見た感想について、映画業界関係者は語る。

「映画版にはなかった榮倉奈々が登場する現代パートを冒頭に持ってきたというのは、いい意味で視聴者を裏切るかたちになっており、戦時中という“過去の物語”と“現在”をうまくつなげ、視聴者とドラマの距離をぐっと近づける効果がありました。今後、その“過去と現在”がどのようにつなげられるのかというのも、見どころの一つになってくるかもしれません」

 第1話では、主人公の浦野すず(松本穂香)の幼少期から北條周作(松坂桃李)と結婚するところまでが描かれ、時代は太平洋戦争真っただなかという設定だ。

「第1話では、現代パートが挿入されている部分以外は、映画版と異なる内容はほとんどなく、映画版に忠実に則っていたともいえます。ただ、映画版ではすずの幼少期から結婚までの部分は、時間も短く非常に速いスピードで一気に描かれていた一方、ドラマ版では約90分の第1話が丸々使われており、非常に丁寧に描いているという印象を受けました」(同)

 そんな同ドラマについて、非常に気になった点があると別の映画業界関係者は語る。

「通常、戦争モノのテレビドラマでは、たとえば新聞やラジオが戦況を伝えるシーンや、当時の実際の映像などが挿入され、戦時中だということを視聴者に見せて臨場感を煽るような演出がなされますが、第1話ではほとんどそういうシーンはない。制作サイドが何か意図を持ってあえてそうしたシーンを排除していると感じました。映画版同様に、あくまで“市井の人々の生活”を描くという強い姿勢を感じましたが、戦争モノのドラマのつくり方としてはセオリーを逸脱しているともいえ、制作サイドのチャレンジングな姿勢は評価できます。これによって、第2話以降のどこかで、登場人物たちの生活のなかに突然“暴力的に”直接的に戦争を描くシーンを介入させることで、戦争の悲惨さをよりいっそう視聴者が感じられるような効果が出てきます。そういう意味では、極めてメッセージ性の強い作品ともいえるでしょう」

『この世界の片隅に』セオリー逸脱でドラマ超越の奇跡的傑作…松本穂香、降臨のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、この世界の片隅に松坂桃李松本穂香の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事