NEW
山田まさる「一緒に考えよう! 超PR的マーケティング講座」

抜かずに選べ!炭水化物。 糖質制限ダイエットで、善玉菌が飢えている?

文=山田まさる/インテグレートCOO、コムデックス代表取締役社長
【この記事のキーワード】, ,

炭水化物」「糖質」「食物繊維」の関係

 ところが、この2大トレンドには気をつけたい落とし穴がある。「炭水化物」「糖質」「食物繊維」、この3つの栄養成分の関係をご存じだろうか。栄養学を少しでもかじった方には常識的な話なのだが、一般人には、なかなかの難問である。

 この3つの栄養に関する意識調査を20~40代の男女1200名に対して行ったところ、「炭水化物には糖質が含まれている」と答えた人が81.8%。対して、「炭水化物には食物繊維が含まれている」と認識している人はわずか16.9%だった。つまり、8割以上の人が炭水化物と食物繊維をまったく別物と認識していることになる。しかし実際は、「炭水化物」のなかに糖質も食物繊維も含まれており、【「炭水化物」=「糖質」+「食物繊維」】なのだ。さらに、普段の食生活においてどのような食材から食物繊維を摂取するか質問したところ、約8割が「野菜類から」と回答した。

 米でも、麦でも、とうもろこしでも、炭水化物を多く含む食品の姿・カタチを想像していただきたい。糖質(でんぷん含む)部分と、皮や茎などの繊維の部分で構成されていることは容易に理解できるはずだ。説明を加えると、米でも、麦でも、人間のエサ(エネルギー源)としてはあまり使えない繊維部分を削り捨てて、白米のように精製された“白い”状態になれば、ほぼ糖質(でんぷん含む)ということになる。

 逆に、玄米や大麦、全粒粉のように精製されていない“茶色い”状態であれば、繊維が豊富だ。この食物繊維は、人間のおなかの中に住む良い細菌の大好物なのである。

糖質制限志向の大きな落とし穴

 8割以上の、多数派の消費者のアタマの中にお話を戻そう。「炭水化物」と「糖質」は同義だが、「食物繊維」はまったく別のもの。そして、炭水化物(糖質)を含む食品の代表は白米やうどんやパスタなどの主食で、これを食べると太るから食べないようにする。一方、食物繊維は、野菜から積極的に摂取しよう。こんな感じだろうか。

 しかし、ここに糖質制限志向の大きな落とし穴がある。確かに糖質は血糖値を急激に上げるなど、摂り過ぎれば太りやすくなるが、それは、エネルギー源であるのだから当然だ。もし糖質を制限するなら、代わりにエネルギーをどう補うのかを考える必要がある。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合