NEW

エアコン、日中つけっぱなしのほうが電気代安い? 寝苦しい夜の賢いエアコン活用術?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 夏が到来すれば、おのずと活用頻度が高くなるのがエアコンだ。しかし、自信を持って冷房を正しく活用できていると明言できる方は、少ないのではないだろうか。

 たとえば節電の方法。東日本大震災による節電ムードから一時期はこまめにオン・オフすることが推奨されていたが、その一方で、逆に24時間つけっぱなしのほうが結果的に節電になる、という意見もある。一体どちらが正しいのだろうか。

 また、体質的に冷房に弱いが、あまりの暑さに使わざるを得ないというジレンマを抱えている方や、あまりの寝苦しさに冷房をつけて寝たら翌日体調を崩した経験を持つ方も多いかもしれない。

 そこで今回、世界的な空調機のメーカーであるダイキン工業に、お財布と身体に優しい賢い冷房の活用方法を聞いた。

「日中はつけっぱなし」「夜間はこまめにオン・オフ」こそが最適解


 結局のところ、冷房は「つけっぱなし」と「こまめにオン・オフ」のどちらのほうが消費電力が少なく、電気代が安く済むのだろうか。

「当社では2016年8月5日に26度の設定温度のもと、24時間冷房をつけっぱなしにした場合と、30分毎にオン・オフを繰り返した場合とで消費電力を比較する実証実験を行いました。もちろん家の気密性や日当たりの状況、エアコンの機種などによって条件が変わってくるので一概には言えませんが、実験からは『9:00~18:00の日中は30分程度の外出であればつけっぱなしのほうがお得、18:00~23:00の夜間はこまめにオン・オフを行ったほうがお得』という結果が出ております」(ダイキン広報担当者)

 最適解は、時間帯によって適宜使い分けていくのがベストということか。ちなみに、なぜ日中と夜間で違いが出るのだろうか。

「近年の一般的なエアコンは、電源をオンにした直後はフルパワー運転で一気に部屋を冷やし、その後は省エネ運転にシフトして室温を維持する仕組みになっており、フルパワー運転のときにもっとも電力を使います。外が暑い日中にこまめなオン・オフを行うと、毎回電源をオフにした瞬間から部屋の温度は上がってしまうため、何度もフルパワー運転をすることとなり、結果つけっぱなしのときより消費電力が大きくなってしまいます。反対に夜間は外も涼しいため、こまめにオン・オフしたところでフルパワー運転の負荷もほとんどかからず、結果つけっぱなしのときよりも消費電力は少なくなるというわけです」(同)

 つまり節電するうえで重要なのは、温度を下げるためのフルパワー運転をいかに少なくできるか、ということのようだ。

エアコン、日中つけっぱなしのほうが電気代安い? 寝苦しい夜の賢いエアコン活用術?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、エアコンダイキン工業節電の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事