NEW

のん(能年玲奈)が侵していた禁断の業界タブー…女優復帰宣言に業界内で総スカン

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のん

 NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK/2013年4~9月)のヒロインとして大ブレークした能年玲奈改め、のん。現在は、もっぱらアーティストとして創作や音楽活動をしているが、女優業再開を熱望しているという。

 のんは2015年4月、当時所属していたレプロエンタテインメントに無断で、2015年1月に個人事務所「三毛&カリントウ」を設立していたと、同年4月に報道された。それ以降、レプロ側から「能年玲奈」の名で芸能活動することを禁止されるなど、対立は泥沼化した。結局、契約問題は解決しないまま「のん」と改名して活動を再開したが、これまでのレギュラーラジオ番組やCM出演などはなくなった。

 そんななか、昨年3月に改名後初のCM出演を果たしたのは、「LINEモバイル」だった。その思い入れのあるLINEモバイルのCMに、今夏も出演することが決定した。

 のんは7月2日、LINEモバイルの記者発表会に出席。3月に電動自転車の新モデル発表会に出席して以来、メディアの前に登場するのは約4カ月ぶりとなる。現場にいたメディア関係者によれば、のんは昨年、創作活動で個展を開いたことや、最近では初めて襟付きの洋服を製作したことなどを冗舌に語り、多忙だったと語ったという。

 さらに「今は、9月にバンド『のんシガレッツ』のツアーがあるので、なんかすごいことやるんだなという気分」と前向きな姿勢を示した。

 のんが歌うことになったきっかけはLINEモバイルのCMで、「『のんって歌うんだ』って知ってもらえたことがよかった」と目を輝かせ、順調にアーティスト活動を送っている様子を見せた。イキイキとした口調に驚いたというメディア関係者を、さらに驚かせたのは、今後やりたいこととして「下半期は女優としてのお仕事も発表できたらいいな。みなさん『見たい』とおっしゃってくださるので、がんばりたい」と、女優業への意欲をみせたことだという。

「『あまちゃん』でブレークした直後は、まだ10代で、公の場にも慣れていなくて、いつもオドオドした様子でした。それが今は、のんらしさも持ち味にしながら、あれだけ堂々と話している姿を見て、成長したなあと感心しましたが、一方で本当の意味ではやはりわかっていないんだなと感じました。2016年にアニメ『この世界の片隅に』(東京テアトル)で主人公の声優に挑戦して、それが当たり役で、しかも話題作となりました。ただ、連続ドラマや、民放が出資していたりする大手映画会社配給の大型作品などの仕事は、今後も難しいでしょう。女優復帰について、あんなふうに天真爛漫に公の場で話すことができるということは、自身が置かれた現状を理解できていないのだと思います」(メディア関係者)

のん(能年玲奈)が侵していた禁断の業界タブー…女優復帰宣言に業界内で総スカンのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、あまちゃんのんレプロ独立騒動の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事