NEW

マツコ・デラックスの「ハラスメント天国」という揶揄が的外れな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

マツコ・デラックスの「ハラスメント天国」という揶揄が的外れな理由の画像1
『マツコ&有吉 かりそめ天国』webページより

 7月11日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、入社2年目の新米社員からの「怒らたことや飲酒を促されたこともなく、気を使われすぎている。社会で揉まれてこそ一人前になれると思っていたのに拍子抜けした」という主旨の投稿が紹介された。この投稿にマツコ・デラックスは「別のところで同じようなことが話題になったことがあって……」「セクハラ・パワハラを気にしすぎて、叱咤激励どころか仕事の最低限の会話以外がないハラスメント……意味わかる?」と、言及した。

 上司や先輩に気を使わされすぎることを“ハラスメント”だと感じ、不満をぶつけていた社員の話を持ち出し、投稿者のような悩みを抱えている社員は少なくないと口にするマツコ。有吉弘行は「あんまり関わって来なくなるだろうね」と、ハラスメントへの厳しい視線によって社内のコミュニケーションの機会が減っていくだろうと予想した。マツコ・デラックスは「もうハラスメント天国よ」と叫び、話を締めた。

 ハラスメントは広義に解釈すれば“いやがらせ”だが、どういった言動が誰にとってハラスメントにあたるかの明確な定義がなく、働きながら不安感を覚える人がいるとよく言われてきた。上司が「これを言ったらセクハラになるかも…」と考え、部下とのコミュニケーションに煩わしさを感じてしまうという話がメディアで取り沙汰されることも少なくない。ハラスメント告発が表面化したことにより円滑な人間関係が失われていくという懸念、そして些細なことでも「ハラスメントだ!」と告発したもの勝ちだという意識が、マツコの「もうハラスメント天国よ」というフレーズに凝縮されている。

マツコ・デラックスの「ハラスメント天国」という揶揄が的外れな理由のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事