NEW

差別問題も「いろいろな人生観」で済ませる自民党・二階俊博幹事長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

差別問題も「いろいろな人生観」で済ませる自民党・二階俊博幹事長の画像1
『二階俊博―全身政治家―』(日本僑報社)

 自民党の杉田水脈議員が『新潮45』(新潮社)に寄稿したコラムで「LGBTのカップルのために税金を使うことについて賛同が得られるものでしょうか…彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」と書き、批判が殺到している件は、各新聞社も報道するなど、新たな展開を見せている。

 自民党と協働している「一般社団法人 性的指向および性同一性に関する理解増進会(通称:LGBT理解増進会」も7月23日に緊急声明を発表。杉田議員のコラムに対し、「自民党特命委員会の考え方と全く異なっている」「国選選挙で掲げた公約にも反している」「重大な懸念を表明し、善処するよう申し入れました」としていた。

 自民党は現在、LGBT理解増進法の成立に向けた取り組みをしている最中で、今回の杉田議員の発言に、どのような対応を取るのか注視されていた。たびたび保守的なジェンダー観に基づいた発言や、性的マイノリティーへの誤った知識や偏見を露呈させる議員が少なくない自民党だが、流石に今回の発言は擁護できないと判断したのだろう。

差別問題も「いろいろな人生観」で済ませる自民党・二階俊博幹事長のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事