NEW

ネット通販の定期購入をめぐる紛争多発…訴えられた青汁販売「メディアハーツ」は徹底抗戦、「生協による競合潰し」とも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交わらぬ主張や見解…最高裁まで争われるのか

 三崎社長が続ける。

「また、ネットワーク東海に弁護士を経由して、会員による業務を妨害する行為をやめるように依頼したところ、Mは正会員ではなく、賛助会員なので関係ないという返答が返ってきました。事業者に申し入れをする立場である消費者団体が、会員の審査も行わず、ましてや暴走している実態を認識しているのにもかかわらず、容認するのが実態なんだと落胆しました。弊社のすっきりフルーツ青汁のHPをご覧いただき、購入直前のページまで進んでいただければ、表記に関して企業としてわかりやすく表記する努力をしていることをご理解いただけると思います」

 訴訟を提起した、名古屋市千種区にある消費者被害防止ネットワーク東海の野澤厚美事務局長は次のように語る。

「この事業者(メディアハーツ)につきましては、2015年7月にウェブサイトの画面改善を求めたのが最初の申し入れです。最初に差し止め請求書面(消費者契約法41条書面)を送ったのは2016年の1月22日で、都合3回の申し入れと3回の差し止め請求をしましたが、こちらの望むような回答をいただけなかったので、今年に入って提訴に踏み切りました。消費者の方が間違えないよう、いろいろと改善はされているけれども、今なお間違って注文して、いっさいキャンセルできないと相談される方がお見えになるのは事実です。消費者が意図的に間違って注文することはありません。あくまで初回のお試し価格に魅力を感じて注文されるのですが、なかには見落としもあるのかもしれません。だからこそ、見落とすようなわかりにくい表示を是正していただきたいということです。

 返金についても実際には多くの条件があって、その通りできないというのが、多くの消費者の方からいただいている情報です。この問題も裁判で争点になると思っております。

 賛助会員のMさんは正式な応援者ではないので、営業妨害的なことがあるのであれば、直接その方と交渉していただくしかないと思います。私どもは関与しておりませんし、正会員ではないのでコメントも特にありません。その方も家族が被害に遭われて、私どもの申し入れ活動に賛同して賛助会員になっていただいて、いろいろなかたちで何かできないかということで活動されていると聞いております」

 Mさんの言い分も聞いてみた。

「私の家族も青汁でトラブルに遭って、メディアハーツに電話するだけでは、解約も返品もできませんでした。ブログには、私が消費生活センターに相談した内容とその結果、およびネットワーク東海による差止請求の事実を記載しているだけです。ブログに悪意はなく、客観的な事実を公開しているのみで、業務妨害や名誉毀損にも当たらないと考えています。状況が改善されているとの主張のようですが、家族が被害に逢ったのは昨年10月で、現在の“改善されている”サイトの内容とは異なります。また、ネットワーク東海による申し入れ・差止請求のすべてを参照すると、利用規約に同意するチェックボックスがはじめからチェックされている点など、一部が修正されているにすぎません。渋谷警察署からは連絡がありましたが、ブログを書いたかなどの事実確認のみで、ブログ削除の指示や内容に問題があるなどの話にはなっていません」

 3者の言い分は交わりそうにないが、今後、裁判はどうなるのか。ネット通販のメディア関係者に話を聞いた。

「どちらも言ってることはもっともなんです。でも違法か適法かの判断はものすごく難しい。だから裁判で争うしかなくなるわけです。実はメディアハーツさんと同じようなことをやっている事業者はほかにもたくさんあるんです。昔の公取委の時代の景品表示法の解釈では、現在の販売方法は適法なんですが、今は管轄が消費者庁に移ってますし、課徴金制度も導入されて罰則も強化されていますからね。

 過去の裁判では、サン・クロレラ販売という会社が京都消費者契約ネットワークと最高裁まで争って敗訴しました。同じ団体に提訴されたブロンクス(ダイエット飲料、ナチュラルオリジナルスムージーを販売)という会社も、敗訴に近い形で和解を受け入れ、最終的には商品の販売を取りやめました。今回のケースも、納得しなければ最高裁まで行くでしょう。どちらが勝っても、業界にとって影響はきわめて大きなものとなるはずです」

 注目の第3回公判は8月9日、名古屋地方裁判所で行われる予定だ。
(文=兜森 衛)

ネット通販の定期購入をめぐる紛争多発…訴えられた青汁販売「メディアハーツ」は徹底抗戦、「生協による競合潰し」とものページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ネット通販メディアハーツ生協の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事