NEW

吉岡里帆、主演ドラマが2作連続大爆死で「吉岡に主演は無理」「演技力ない」と酷評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) | 関西テレビ放送 カンテレ」より
 7月24日放送の連続テレビドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)第2話が、平均視聴率5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。前週は7.6%とスタートでつまずいた感が否めなかったが、そこからさらに2.1ポイント後退して、この夏の“大爆死ドラマ”の烙印を押された。同ドラマの主人公・義経えみるを演じるのは、“連ドラ主演”経験が本作で2度目となる吉岡里帆だ。


 吉岡のドラマ初主演は今年1月期の『きみが心に棲みついた』(TBS)だが、同ドラマも平均視聴率7.7%で“爆死”と言われたことは記憶に新しい。このままでは、吉岡は主演ドラマが2作連続で絶不調に終わってしまいかねない。

『健康で文化的な最低限度の生活』のえみるは東京都東区役所生活課に配属され、新人ケースワーカーとしてさまざまな生活保護受給者に寄り添っていく。共演には、先輩ケースワーカー・半田明伸役の井浦新や係長・京極大輝役の田中圭、えみるが担当した元生活保護受給者・阿久沢正男役の遠藤憲一といった実力派のほか、えみるの同期陣に川栄李奈、山田裕貴などの若手が名を連ねる。

 第2話では、生活保護受給中の母子家庭・日下部家にスポットが当たった。仕事に子育て、父親の介護までこなすシングルマザー・日下部聡美(江口のりこ)との面会時、えみるは聡美の息子・欣也(吉村界人)がギターに熱中していると知る。欣也の夢を応援したいと思うえみるだったが、実は欣也が母親に黙ってアルバイトをしていたことが発覚し、日下部家は生活保護の「不正受給」とみなされてしまう。役所に申告していなかった欣也のバイト代は全額返金しなければならない決まりだが、えみるの軽率な言葉で事態はさらに深刻化する……という内容だった。

 生活保護をテーマに掲げているわりに、当初から薄っぺらい雰囲気が漂いまくっていた同ドラマ。今回は不正受給を取り上げており、“子どものバイト代申告ミス”は現実にもありそうな出来事ではある。ただ、そうではない“悪質なケース”をドラマにできないのであれば、「ヌルいな」と落胆してしまう視聴者も多いようだ。

 また、インターネット上では吉岡の評判が悪すぎて目も当てられない。えみるというキャラクターが頼りないので「もっとしっかりしろ!」とイラつく視聴者も散見されるが、「吉岡に主演は無理だよ」「別の女優だったら、また違ったかな。吉岡って急にゴリ押しされ出したから、主役張れるほど演技力が伴ってないのでは?」などと、彼女自身の力量を問う声も少なくない。実力不足の吉岡のまわりにいくらベテラン勢や人気役者を配置したとしても、かえって吉岡が霞むだけだったのだ。

 本作が放送されているフジテレビ系「火曜21時」枠では、昨年10月期に井上真央が主演を務めた『明日の約束』も、初回から第2話にかけて一気に2ポイント減少し、その後も数字低迷に苦しんだ。しかし、井上と吉岡では格が違いすぎるため、『健康で文化的な最低限度の生活』はそれ以上の“惨状”を繰り広げる可能性が高い。

 同ドラマは、視聴者が“生活保護問題を考える”ためのきっかけにはなっているかもしれないが、ドラマとしておもしろくなければ当然、視聴率にはつながらない。それはつまり視聴者が減るということで、問題について考える人も減るという本末転倒な状況になってしまう。そうなると、せめて主人公に魅力があれば……と思ってしまうが、吉岡に挽回する底力はあるだろうか。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

吉岡里帆、主演ドラマが2作連続大爆死で「吉岡に主演は無理」「演技力ない」と酷評のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ドラマフジテレビ健康で文化的な最低限度の生活吉岡里帆生活保護の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事