NEW

巨星墜つ、「劇団四季」浅利慶太が死去。演劇界での多大な功績の裏には、有名俳優へのパワハラがあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

巨星墜つ、「劇団四季」浅利慶太が死去。演劇界での多大な功績の裏には、有名俳優へのパワハラがあった。の画像1
AsariKeita
彼なくしていまの演劇界はありえなかった。浅利演出事務所より

 劇団四季の元代表で演出家の浅利慶太氏が13日、悪性リンパ腫のため死去していたと報じられた。ミュージカルや演劇に興味がなくても、「劇団四季」「浅利慶太」の名はほとんどのひとが一度は耳にしたことがあるであろう。日本の演劇界に多大な功績を残した偉人であり、平成最後の夏にまさにひとつの時代の終わりを告げた死だった。

 が、そのカリスマ性とリーダーシップは、一方では「慶太天皇」とあだ名されるほどの絶大な権力となり、横暴さも併せ持っていた。

 現在ではブロードウェイの大作ミュージカルを日本で上演するカンパニーとして知られる劇団四季だが、もともとはジロドゥやアヌイなどのフランス演劇を上演する学生劇団として始まった。

 1953年、慶応大学在学中に劇団四季を起ち上げた浅利氏は当初から、役者もスタッフも生計のためにアルバイトする必要なく演劇だけで食べられる仕組みを追求。石原慎太郎との交友関係や、劇団創設時のメンバーの親族が後に首相になる佐藤栄作と親しかったことなどから、政界や財界に深いつながりがあり、1983年、専用劇場を構えてブロードウェイミュージカル「キャッツ」を日本で初めて無期限ロングランにこぎつけ、以降劇団四季をスタッフも含めた劇団員が約1300人、年間公演数約3000回という日本最大の劇団に育て上げた。政界や財界との交流から、首相の“魅せ”方の演出やブレーンとしても活躍、また日生劇場や新国立劇場の設立にもかかわっていた。

巨星墜つ、「劇団四季」浅利慶太が死去。演劇界での多大な功績の裏には、有名俳優へのパワハラがあった。のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事