NEW
人工知能時代のリーダーの条件(2)

「思い込み」に縛られて成長できない人や組織の残念な特徴とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 優勝したチームが開発したアルゴリズムは、ほぼ100%の精度でプランクトンを特定できるもので、新しいテクノロジーが撮影による分析の精度を一気に上げたのである。

 本書の著者たちは、「どんな分野においても、この結果が持つ意味は大きい」と述べる。リーダーが枠組みを広げるためには、自身の専門分野にとらわれずに物事を見ることが必要だ。

 コーエン氏の場合、生物学の研究の枠から飛び出し、新たなテクノロジーの導入と機械学習アルゴリズムという新たな方法を検討することで、その可能性を広げたのである。

 行き詰まっているリーダーの多くは、無意識に枠にとらわれてしまっている。だからこそ、「いかにマシンテクノロジーを活用するか」という視点を常に持っておくことが、今後のリーダーに求められる素養なのだ。
(文=編集部)

※本記事はPR記事です。

『人工知能時代に生き残る会社は、ここが違う!』 技術が飛躍的に進歩して、膨大なデータを解析して新たな事実を発見したり、埋もれていた細かい事例をすくいあげることが可能になった。しかし、その技術をどう生かすかは、人間の発想次第だ。常識や制約にとらわれないアイデアを生み出し実現させているリーダーたちのひらめきは、どこからくるのだろうか。 amazon_associate_logo.jpg

「思い込み」に縛られて成長できない人や組織の残念な特徴とはのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事