NEW
さんきゅう倉田「税務調査の与太話」

税務調査で超優秀な「トッカン」がとんでもないミス!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな領収証のメーカーは「コクヨ」です。

 税務署には、通称「トッカン」と呼ばれる特別国税調査官という役職と、トッカンと共に調査を行う「トッカン付き」がいます。トッカン付きは上席国税調査官なので、35歳以上のベテラン職員です。50歳を超える優秀なトッカンとトッカン付きの2人がコンビで税務調査にやってくることがあります。このコンビは、売上規模の大きな会社の調査を行うのがほとんどで、それはもし資本金が1億円以上であれば国税局調査部が担当するような規模の会社です。

 今回は、そんな優秀なはずのトッカンが、税務調査で失敗した事例をご紹介します。

 都内のある法人に、税務調査の連絡がありました。

「○○税務署、特別国税調査官の田中です。税務調査に伺いたく、ご連絡しました」

 同法人は、何もやましいことがなかったので、すぐに税務調査を受けることにしたそうです。以下、調査を受けた社長からの聞き取りです。

税務調査で超優秀な「トッカン」がとんでもないミス!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、トッカントッカン付き特別国税調査官税務調査の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事