NEW
ミドルエッジ「懐かしい! をお送りします」

「雨上がりの夜空に」だけじゃない! よく聞くとエッチな懐かしのJ-POPを集めてみた

文・構成=ミドルエッジ
【この記事のキーワード】, ,

『Body & Soul』⇒奥まで行こうよ いっしょに…

 年端もいかないかわいい女のコに、キワドイ歌詞を歌わせて世間の耳目を引くのは、山口百恵の『青い果実』や中森明菜の『少女A』など、アイドル業界の常とう手段。デビュー当時、メンバー4人とも小中学生だったSPEEDのファーストシングル『Body & Soul』も、実はこの方程式を踏襲してつくられた歌でした。

♪痛い事とか恐がらないで もっと奥まで行こうよ いっしょに♪

 この一節だけ切り出すとかなりド直球。しかし、全体的に爽やかでアゲアゲで「みんなでハジけようよ!」みたいな曲なので、サラッと違和感なく聞き流せるのが、なんとも絶妙です。

『モーニングコーヒー』⇒初体験後にコーヒーを飲む歌

「雨上がりの夜空に」だけじゃない! よく聞くとエッチな懐かしのJ-POPを集めてみたの画像6※参考画像:「モーニングコーヒー」(Amazonより)

 モーニング娘。のメジャーデビューシングル『モーニングコーヒー』も、無垢なアイドルにエロいことを歌わせる路線の曲。

♪あなたについてゆくと決めた なのに 急じゃ(こわい)♪

 この、サビ前の一節を「初体験への躊躇」と仮定することによって、サビで歌われる「泣いてるのは うれしいから」「ねえ はずかしいわ」という心理描写の理由が見えてきます。そしてすべてが終わった朝。「モーニングコーヒー飲もうよ」と、普段と変わらぬ態度で接してくれた彼氏に、彼女は幸せを感じるというわけです。

 この連載では次回以降も皆さまの脳裏に「懐かしい」が蘇りそうな記事を提供して参ります。「こんな記事は?」「あのネタは?」なんてお声も、お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。
(文・構成=ミドルエッジ)

●実は戦争について歌った邦楽の名曲たち

●桑名正博『セクシャルバイオレットNo.1』名曲のタイトルと歌詞に込められた野望とは

●意外に名曲も!芸人が出した歌!

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合