NEW

中国で売れ続ける黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』 背景には成績至上主義と児童の自殺頻発も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

中国で売れ続ける黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』 背景には成績至上主義と児童の自殺頻発もの画像1
新経典文化公司が発行する『窓ぎわのトットちゃん』の中国語版である『窓辺的小豆豆』

 中国・南海出版公司が初版を出版し、その後、新経典文化公司が版を重ねている中国語版『窓ぎわのトットちゃん』(『窓辺的小豆豆』)の販売部数が、累計で1000万部を突破したのは2017年6月のことだった。同書のオリジナルは、1981年に講談社より発刊された黒柳徹子の自伝的エッセイである。東京・自由が丘にかつて存在した、自由な校風で知られた私立の学校、トモエ学園。著者がそこに通っていた時分のエピソードや、同校のユニークな教育方法が描かれたノンフィクション作品だ。日本では累計800万部以上が販売され、2017年には『トットちゃん!』(テレビ朝日系)として一部抜粋の形でドラマ化されるなど、いまなお国民に愛され続けている作品である。

 中国国内における『ハリーポッター』シリーズの累計販売部数は約1000万部。それを考えると、『窓ぎわのトットちゃん』が持つ「1000万部超え」という数字がいかに巨大かがわかろうというもの。では、なぜ中国では、この作品が日本以上のヒットを飛ばしているのか。改めてその背景に迫ってみたい。

『窓際のトットちゃん』が中国で“正式に”発売開始されたのは、2003年のこと。1980年代には、とある出版社が海賊版を発売していたとのことだが、当時、中国は万国著作権条約等の著作権保護のための国際条約を批准しておらず、販売部数などの詳細なデータも残されていないという。そして正式な発売開始以降の状況については、中国メディアが次のように分析している。

中国で売れ続ける黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』 背景には成績至上主義と児童の自殺頻発ものページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事