NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

剛力彩芽、前澤社長に「隷属、従順、無批判」状態の可能性…催眠の兆候

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「剛力彩芽のインスタグラム」より

 女優の剛力彩芽さんが、自身のインスタグラムを更新し、過去の投稿を「すべて削除」すると発表した。剛力さんは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長と一緒にサッカーW杯ロシア大会の決勝戦を観戦したことを示す投稿をしていた。しかも、前澤社長のプライベートジェットで行ったことが明らかになり、「ファンへの配慮がない」「浮かれている」などと批判を浴びていたので、それへの対処だろう。

 剛力さんは今年4月に前澤社長との熱愛を報じられ、本人も交際を認めている。そもそも清純さを売りにする20代の女優が交際を宣言すること自体、異例だが、剛力さんは前澤社長の仕事の現場にまで姿を現すこともあり、あまりの熱中ぶりに心配の声があがっているようだ。

 剛力さんの所属事務所であるオスカープロモーションは、所属タレントの25歳までの恋愛禁止を公言しており、タレントの恋愛に厳しいことで知られている。これまで熱愛スキャンダルなどなく「優等生」だった剛力さんが、突然前澤社長との恋愛に夢中になり、ここまで入れこんだのは、なぜなのか? また、世間やファンから批判を浴びることが容易に想像できるにもかかわらず、その熱愛ぶりを自身のインスタグラムで公開したのは、なぜなのか?

ほれこみ


 剛力さんの現在の精神状態を一言でいえば、「ほれこみ」である。「ほれこみ」には、恋愛対象の「過大評価」がつきものだ。この「過大評価」によって「愛の対象にたいしてある程度批判力を失ってしまって、その対象のすべての性質を、愛していない人物やあるいはその対象を愛していなかった時期に比べて、より高く評価する」とフロイトは述べている。当然、「批判は沈黙し、対象がなすこと欲することは、すべて正当で非難の余地がないものになる」。

 批判力を失うと、どうしても相手を理想化しやすい。だから、「あばたもえくぼ」という言葉通り、相手の欠点は目に入らず、むしろ長所のように見えることさえある。そのため、恋愛の真っ最中は判断をあやまりやすい。恋が冷めてからしまったと思った経験は、誰にでも多かれ少なかれあるだろう。

 前澤社長は、結婚歴はないものの子どもが3人いるうえ、ダルビッシュ有投手の前妻の紗栄子さんをはじめとして複数の女性との交際が報じられてきた。そのせいか、「女たらし」「手に入れることにしか興味がない」といった批判もあるようだが、そういう批判も、現在の剛力さんの耳には入らないはずだ。いや、それどころか、「女性にモテるのは、やり手で魅力的だから」と剛力さんが思っている可能性さえある。

剛力彩芽、前澤社長に「隷属、従順、無批判」状態の可能性…催眠の兆候のページです。ビジネスジャーナルは、連載、インスタグラム前澤友作社長剛力彩芽の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事