NEW

女子大生強姦・殺人事件、フィリピン人男性に無期懲役…警察、13年目の執念の逮捕劇

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 7月25日、水戸地裁法廷。証言台に立った丸刈り、白いTシャツ、灰色のズボン姿の男性被告に小笠原義泰裁判長は、「被害者の人格を踏みにじる卑劣な犯行。被害者の屈辱や恐怖、苦しみは筆舌に尽くしがたい」と述べ、無期懲役を言い渡した。被告は被告席に戻り、何を思うか、じっとうつむき続けた。

 被告は、今から14年前の2004年、茨城大学農学部の女子学生、Hさん(当時21歳)が殺害された事件で、殺人と強姦致死の罪に問われた岐阜県瑞穂市の工員、ランパノ・ジェリコ・モリ被告(36/フィリピン国籍)だ。私は、この判決を聞き「事件発生から14年か」と小さくつぶやき、遺族や関係者らの、あまりにも長い痛みと苦しみの日々に思いをはせた。

 ランパノ被告が逮捕されたのは昨年9月だ。逮捕容疑は冒頭でも記したように強姦致死と殺人容疑だ。私は14年前の事件発生直後、週刊誌記者として約1カ月にわたり現地に張り付き、この事件を追った。同時に「スポーツが大好きで誰からも好かれ、未来に多くの可能性を秘めた学生」が強姦され、あげくの果てに心臓にまで達するような刺し傷を負わされた上、真冬の川に放り込まれるという残虐きわまりない非道な犯罪に強い憤りを覚えた。数多い事件取材のなかでも忘れられない事件のひとつになっていた。そして5年、10年と時を経るに従い、この事件は迷宮入りの可能性が強いと思い始めていた。

 それだけに、13年の時を経ての犯人逮捕の一報に「信じられない。奇跡だ。執念の捜査だ」と感じた。

捜査員延べ3万5000人を投入


 事件は04年の1月31日午前9 時頃、茨城大農学部近くの霞ヶ浦に流れ込む川の河口付近で遺体が発見され、発覚した。犬の散歩中の近隣住人が、うつぶせの衣服を着けない姿で水面に浮いていたのを偶然に発見した。。110番通報で駆け付けた警察の調べで、遺体は前夜から不明のHさんと判明する。

 当時の私の取材メモから、事件概要をもう一度、振り返っておこう。

・死体発見現場

 茨城県の中堅都市、土浦市にごく近い自治体、日本中央競馬会のトレーニング施設もある美浦村の船子地区清明川河口付近で遺体が見つかる。死体が発見された河口まで、被害者のアパートからは約6キロ前後。河口は国道から30メートル前後入った地点。犯人は土地勘ありか。

女子大生強姦・殺人事件、フィリピン人男性に無期懲役…警察、13年目の執念の逮捕劇のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、強姦致死殺人無期懲役の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事