NEW

NMB山本彩、恒例の「卒業時期未定」に「また卒業ビジネスで荒稼ぎ」と揶揄する声も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NMB48の山本彩
 アイドルグループ・NMB48が2年ぶりとなる全国ツアー「NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer」を7月30日からスタートさせた。東京・中野サンプラザで行われた初日公演には多数のファンが駆けつけて大盛況の幕開けとなったが、“不動のエース”の山本彩が卒業を発表して話題を集めている。


 同日のコンサートでは『オーマイガー!』『北川謙二』といった人気ナンバーが立て続けに披露され、会場内のボルテージは最高潮の盛り上がりを見せた。しかし、コンサートも終盤を迎えてアンコールの2曲目『365日の紙飛行機』を歌い終えると、山本は突如「私、山本彩はNMB48を卒業します」と観客席に向けて発表。

 会場のファンからは悲しみの声が続出したが、山本は「私が離れたほうがNMB48の起爆剤になる」「新しいメンバー、若いメンバーにこれからのNMB48をつくってほしい」と心境を吐露し、前向きな卒業であることを明かした。卒業時期は未定だが、「生涯現役を目標に、もっと音楽を勉強してみなさんの前に立って歌い続けたいと思っています」とグループ卒業後の抱負を熱く語った。

「さや姉」の愛称でおなじみの山本は、2010年のNMB結成時から所属するオリジナルメンバー。11年からはグループのキャプテンも務め、名実ともにエースとして頭角を現していった。「AKB48 シングル選抜総選挙」では毎回上位に名を連ね、16年にはソロデビューを果たすほどの人気ぶり。同年末に放送された『NHK紅白歌合戦』で実施されたファン投票企画「夢の紅白選抜」では、指原莉乃や島崎遥香といった強豪を抑えて見事1位に輝いている。

 絶対的エースである山本の卒業を受け、ファンからは「さや姉が脱退したら、もうNMBは終わりかもしれない」「AKBグループの衰退が止まらないな。山本が抜けて、NMBはめちゃくちゃパワーダウンすると思う」「NMBはもう解散でいいよ」「AKBグループの終わりが始まる」「さや姉ならソロでもやっていけるでしょ。これからも応援していきたい」といった声が相次いだ。

 一方で、AKBグループ“恒例”となっている「卒業時期は未定」という点が引っかかっている人も少なくないようだ。インターネット上には、「また“卒業”をチラつかせて荒稼ぎするつもりだな?」「卒業日をスパッと宣言してソロ一本の道に転身するならカッコよかったけど、未定ってなんだよ……。卒業ビジネスのにおいがプンプンするわ」などと揶揄する声もあがっている。

 山本の卒業は各方面に衝撃を与えており、ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大投手は7月31日にツイッターで「さや姉卒業。。。2011年に劇場公演を観に行ってご挨拶させていただいたのがめちゃくちゃ懐かしい」「これからも素敵な歌を届けてほしいな! ありがとうーーー!!」と熱いエールを送っている。

 初日から特大ニュースが飛び込んできたNMBの全国ツアー。最終公演は9月28日に石川県・本多の森ホールで行われる予定だが、果たしてどのようなフィナーレを迎えるのだろうか。
(文=編集部)

NMB山本彩、恒例の「卒業時期未定」に「また卒業ビジネスで荒稼ぎ」と揶揄する声ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、AKB48NMB48山本彩の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事