NEW

三浦翔平、桐谷美玲との結婚で「ルール違反」行為か…俳優生命に危機か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐谷美玲

 女優の桐谷美玲と俳優の三浦翔平が7月25日、めでたく結婚を発表。5月に一部スポーツ紙が6月結婚説を報じるなど報道が先行していたが、ようやく結婚に至った2人。桐谷は自身のインスタグラム上で「嬉しくて嬉しくてたまらないです」とストレートに喜びを表現している。その一方で、三浦の将来に暗雲が立ち込めているという。テレビ関係者は言う。

「もともと、この結婚には三浦の所属事務所であるバーニングプロダクションは反対していました。芸能人同士の結婚では、女性のほうが仕事面でのリスクが大きいため、女性側の事務所が反対することが多いのですが、バーニングが反対した理由は単純で、“俳優として今のタイミングではない”ということです。ファッションモデル出身の三浦は、同世代のイケメン俳優と比べるとやや遅咲き。桐谷と共演した2016年の『好きな人がいること』(フジテレビ系)で人気と知名度を上げ、今年はAbemaTVの主演ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』が話題になっています。主演俳優として確固たる地位を築くには、まさにこれから数年が正念場なんです。このタイミングで人気・知名度ともに格上の女優と結婚というのは、いかがなものか、という見方が業界内で多いのは事実です」

 一部では、6月結婚説はバーニング側からスポーツ紙に漏れ、桐谷の所属事務所であるスウィートパワー側が怒ったことで結婚は見合わせになったという報道もあったが、スポーツ紙記者は言う。

「スウィートパワーとしても手放しで喜べる話ではありませんが、桐谷本人の固い意志を尊重しているようです。昨年からすでに結婚に向けた準備に入っており、仕事をセーブしている状況でした。そうしたなかでスウィートパワーによる関係各所への報告が終わらない段階でバーニングから結婚の情報が漏れたことに対し、スウィートパワーサイドは不快感を抱いたのです。それでも事務所としては稼ぎ頭の売れっ子女優の機嫌を損ねてはいけないと、結婚をバックアップしていた。そうした紆余曲折をへて、最終的に結婚への段取りはスウィートパワー側に任されていたのですが、連絡の行き違いなのか原因は定かではありませんが、なぜか入籍に関して三浦からバーニングへ事後報告というかたちになってしまったらしく、ただでさえ結婚に反対した幹部は怒ってサジを投げてしまったといわれています」

 これが、今後の三浦の将来に影を落とすと別のスポーツ紙記者は言う。

「桐谷は仕事をセーブして、主婦モードに入っています。これから三浦に飛躍してもらって、仕事での立場を逆転させたいところでしょうが、もしバーニングの後ろ盾を失えば、三浦の今後は相当厳しくなるでしょう。バーニングを敵に回してほかの事務所に移籍などできませんし、桐谷は今、結婚できたことが嬉しくてたまらないようですが、結局、今後も桐谷のほうが仕事面でリードするかたちになってしまわないかが心配です」

 三浦の俳優人生に暗雲が漂っているようだ。
(文=編集部)

三浦翔平、桐谷美玲との結婚で「ルール違反」行為か…俳優生命に危機かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、三浦翔平桐谷美玲結婚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事