NEW

正しい避妊や性行為の知識を「男子・男性」には伝えなくてもいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

正しい避妊や性行為の知識を「男子・男性」には伝えなくてもいいのか?の画像1
Thinstock/Photo by beer5020

 『きょうの健康』(NHK Eテレ)が、7月30日から8月2日にかけ、夏休み特集として「解決!心と体のお悩み相談」を放送中だ。10~20代の若い視聴者層が「本当に知りたい、体と心に関するお悩み」を専門家が解決する内容で、<人には聞きにくい情報や正しい知識をお届け>すべく、4つのテーマを取り上げている。7月30日は「避妊」、7月31日は「性感染症」、8月1日は「薬の使い過ぎ」、8月2日は「心の悩み」がテーマ。学校教育では踏み込みにくい「性」について、どのような解説がなされるのか。7月30日放送の「避妊の悩みに答えます」は、避妊にまつわる基本的な正しい知識をまとめた内容であった。

 番組では“月経中は性行為をしても妊娠しない”“外に出せばコンドームなしでも妊娠しない”“性行為後 炭酸飲料で膣を洗うと妊娠しない”“2回目以降は精子が減るので避妊しなくてOK”“コンドームは2枚重ねのほうが避妊効果UP”などの説を紹介し、これらはすべて間違った情報であると伝えた。月経中でも妊娠する可能性はあり安全日はない、膣外射精は避妊には当たらない、2回目以降も妊娠の可能性に変わりはなく避妊が必要である、コンドームの2枚重ねは摩擦を起こし破れやすくなる……といった、誰もが身に付けておくべき避妊の基本的知識がわかりやすく的確に解説されていた。

 それだけに、10~20代のすべての人ではなく、10~20代の女性のみを視聴対象として想定しているような番組構成には、違和感を覚えてしまった。

正しい避妊や性行為の知識を「男子・男性」には伝えなくてもいいのか?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事