NEW

私生活での夜遊びが「要注意」の人気若手俳優2人

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より
 俳優の間宮祥太朗が、7月8日放送のバラエティ番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した。


 現在、間宮はNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演中で、ヒロインの鈴愛(永野芽郁)と結婚した涼次を演じている。さらに、連続テレビドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)にもレギュラー出演しており、今もっとも勢いのある若手俳優のひとりだ。

『おしゃれイズム』では、親交の深い業界人として、お笑いコンビ・千鳥の大悟や俳優の千葉雄大が間宮についてコメントした。大悟は「次の日仕事でも、最後まで酒に付き合ってくれる」と間宮の男気を示すエピソードなどを紹介。一方で、間宮は過去に「朝まで飲んでいて、気づいたら草津にいた」という失敗を犯したこともあるようだ。

「間宮くんは、よく三宿(東京)あたりで飲んでいるようで、そこでは親交のある千葉雄大などの姿もよく見られるそうです。たまに女の子数人が同席していることもあるようですが、気に入った子がいると手を出すのが早いと評判です」(芸能事務所関係者)

 番組では、仲の良い千葉のことを間宮が「ジジイ」と呼んでいることも発覚した。司会の上田晋也は「先輩でしょ!?」と驚いていたが、VTR出演した千葉は「いいあだ名をいただいた。そういうあだ名をつけてくれた、彼の優しさだと思ってる」とまんざらでもない様子でスタジオを沸かせていた。

 しかし、これは男性同士だからこそ通じるコミュニケーションだろう。昨年出演したドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)では、共演者の水川あさみに「シニア」というあだ名をつけていたようだ。

「間宮くんは、若手俳優のなかでも特に遊び好きらしいです。そのため、スキャンダルなどに厳しい事務所では、『間宮くんと遊ぶのは禁止』とまではいきませんが、所属タレントに気をつけるよう注意しているマネージャーもいるようです。今や、若手俳優たちのプライベートもなかなか厳しいようですね。山崎賢人の場合、自分で菅田将暉を遊びに誘った際に、菅田が週刊誌の常連だったため、マネージャーが菅田に注意したともいわれています」(同)

 芸能界でも、スキャンダルに対する目は厳しくなっている。人気絶頂の今だからこそ、遊びすぎには注意してほしいものだ。
(文=編集部)

私生活での夜遊びが「要注意」の人気若手俳優2人のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、俳優菅田将暉間宮祥太朗の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事