NEW

東京医科大の女子受験生抑制理由が本末転倒 女医の離職防止策は構造の改善以外にない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

東京医科大の女子受験生抑制理由が本末転倒 女医の離職防止策は構造の改善以外にないの画像1
Thinstock/Photo by SARINYAPINNGAM

 私立の東京医科大学が今年2月に実施した医学部医学科の一般入試で、女子受験者の得点を一律に減点し、女子の合格者数を意図的に抑えていたことが関係者の話でわかったと、読売新聞が報じている。

 読売新聞によると、東京医科大学は、2010年の医学部医学科の一般入試で女子合格者が38%(181人中69人)に達したため、2011年頃から医学部医学科の女子合格者の抑制を開始。関係者は「いわば必要悪。暗黙の了解だった」と語っているという。<同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされる>そうだが、2010年代に入ってもなお、このような男女差別がまかり通っているのである。また、同大学病院では、緊急手術が多く不規則勤務の外科で<女性医師が敬遠されがちで、「女3人で男1人分」との言葉もささやかれている>という。

 2018年度に実施された東京医科大学医学部医学科一般入試における女子合格者の割合は18%。2017年度の医学科一般入試での女子合格者は37%で、2016年度は29%だった。

東京医科大の女子受験生抑制理由が本末転倒 女医の離職防止策は構造の改善以外にないのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事