NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

道路渋滞回避で超快適!人気のフェリー旅・完全利用マニュアル!気軽にレジャー体験

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーシャン東九フェリーの「フェリーびざん」(「Wikipedia」より/S.kenmine)
 船旅が脚光を浴びているらしい。船といっても、豪華クルーズ船ではない。フェリーの旅だ。2018年6月22日には、岩手県初となる定期フェリー「宮古・室蘭フェリー航路」(宮蘭航路)が開設。東北と北海道を結ぶ航路が増えた。さらに、各社で新造船の就航が進んでいるという。


 新幹線や高速道路、空路が整備される前、フェリーは国内旅行の担い手のひとつだった。マイカーを旅先に運ぶことができるカー・フェリーは、家族旅行にも適していたのだ。しかし、経済成長とともに交通インフラが整備され、クルマでの移動手段は高速道路に取って代わられた。昭和から平成に移り、フェリーはもはや「一部の愛好家と貨物輸送のためのもの」とのイメージがあったが、なぜか再び注目されているという。

 その大きな理由は、長距離ドライバーの労働環境の改善だ。ネット通販の拡大などもあり、荷物を運ぶドライバーは慢性的な人手不足だ。高速道路を長時間運転するのではなく、荷物はフェリーに乗せて運ぶことにすれば、ドライバーはその間に休憩できる。ドライバーのケアとしてフェリー輸送が脚光を浴び、新造船の増加にもつながっているのだそうだ。先の宮古・室蘭フェリー航路も、こうしたドライバー需要を見込んでいるという。

 その背景はさておき、筆者はわりとフェリー旅が好きだ。毎年、国内のどこかでフェリーに乗っている。特に、東京から徳島に向かうフェリーをよく利用するのだが、いかにも設備が古めかしく、重油の匂いが染みついたようだった船内が、一昨年あたりからこぎれいになったことに戸惑った。他社のフェリーに乗ったときも、もはや雑魚寝スペースは消えてしまったし、風呂にサウナまで付いている船もあって驚いた。

 日本は海に囲まれた島国なので、船にさえ乗れば北海道にも九州にも、沖縄にだって行ける。海路を使えば渋滞の道路を走るよりショートカットできるコースもあり、運転者も気楽だ。レジャーシーズンを前に、案外知られていないフェリー利用法について書いてみよう。

人気の東京湾フェリーには10%割引も


 神奈川県の久里浜と千葉県の金谷を約40分で結ぶ東京湾フェリー。関東の人にはもっとも身近なフェリーだろう。東京湾を横断するので、大渋滞するアクアラインを回避しつつ千葉までクルマを運ぶことができる。しかも、優待付きの多種多様な割引きっぷがそろっているのだ。

 たとえば、乗用車1台と大人2名分(運転手1名+同乗者1名)のフェリー運賃にマザー牧場大人2名分の入場券がセットになった「マザー牧場 シープ &フェリーマイカーセット券」は、片道なら5900円(車両の長さ6.0m未満)。正規料金を単純に足すと2名分の運賃だけで5790円で、マザー牧場の入場料が大人1500円のため、入場料分がほぼ浮くことになる。

 ほかにも、金谷港からのバスチケットもついた「鴨川シーワールド らくらくチケット」などもある。東京湾フェリーのホームページには同乗者を含む10%割引券(対象は乗用車のみ)もあり、スマートフォンなら画面の提示でもOK。「これから東京方面に戻るのに渋滞に巻き込まれるのはしんどい」というときは、覚えておくとうれしい割引だ。

『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない』

同じ収入でも、貯まる人と貯まらない人の違いは何でしょうか? 貯まらないと嘆く多くの人の使い方には、お金が「漏れていく穴」があるのです。お金に困らない人生を手に入れるには、まずは「漏れ」を招く穴をふさいで、「溜まる」人になることからスタートを。そのコツを存分に伝授します。

amazon_associate_logo.jpg

道路渋滞回避で超快適!人気のフェリー旅・完全利用マニュアル!気軽にレジャー体験のページです。ビジネスジャーナルは、連載、フェリーレジャー割引渋滞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事